【JR法隆寺駅】河江英治容疑者が精算機に入れた1000円札を引張り出そうとして失敗し逮捕!昭和の自販機ならねえ…

男は千円札に紙を貼り付け、引っ張り出そうとしていました。

スポンサーリンク

事件の概要

駅の乗り越し精算機でICカードに不正に入金しようとした疑いで男が逮捕されました。

23日、奈良県斑鳩町のJR法隆寺駅で男が操作していた乗り越し精算機でエラーが発生し、音が鳴りました。

男は駅員に対し、「俺のや、すぐに返せ」と話していたということですが、機械の中を確認すると紙の付いたお札がつまっていました。

【記者リポート】
「男は千円札に長さ30センチほどの同じ幅の紙をはりつけ、引っ張り出そうとたくらんでいました」

こんな手口が通用するはずもなくかけつけた警察官に窃盗未遂の現行犯で逮捕されました。

男は奈良県斑鳩町の無職、河江英治容疑者(70)で、ICカードに千円を入金した後に、千円札を機械から引き出そうとしたということです。

調べに対し、河江容疑者は「初めてやった。チャージしたお金を抜こうとしたが失敗した。交通費にお金をかけたくなかった」と容疑を認めています。

引用:カンテレ

事故のあった場所について

地図にて確認しました。

奈良県斑鳩町のJR法隆寺駅ということです。

容疑者について

氏 名 河江英治(かわえ えいじ)容疑者
年 齢 70歳
住 所 奈良県斑鳩町
職 業 無職

窃盗未遂の容疑。

容疑を認めている。

スポンサーリンク

この事件について

容疑者は、1000円札に紙を付けて精算機が認識した後に、引っ張り出そうとしてブザーが鳴ったということです。

引用:カンテレ

残念ながら、こんな小細工は今の世の中、通用しません。

今から40年以上前の昭和のジュースの自販機なら、50円玉に糸を付けて引っ張っていた人もいましたけどね。ジュースは出たかどうかは知りませんが。

学校では噂になっていたので、成功した人もいるんでしょうね?

けど40年経った今、機械の精度も格段に良くなり、そんな小細工は通用しません。

でも、よくこんなことしたもんですね。駅って人が多いし誰が見てるか分りませんからね。

「初めてやった。チャージしたお金を抜こうとしたが失敗した。交通費にお金をかけたくなかった」

初めてやったのは嘘ではないでしょう。ただ交通費にお金をかけたくないなら、自転車や徒歩で行くという手もあります。

それが出来ないなら、お金を払うしかありません。お金を払えば、目的地まで楽に行ける訳ですから、そのための対価です。

今後は、ちゃんとお金を払って公共機関を利用してください。本当に助かる、有難いと心底思えば、そんな気にはなりません。

ネットの反応

・大昔のアナログ式装置ならそのやり方で出来たのかもしれないけど、
今の精密化した装置でそれは無理。
エラーもその紙の細工に反応したもので、買えてないだろうなぁ

・ゲームセンターで100円玉に糸をつけて入れては出すをしていた人見たのを思い出した。
今の機械じゃ普通にエラーだよね。

・健康促進のため歩く事を勧めます。交通費も浮いてwinwin 。

・交通費をかけたくない…
金があるのに勿体無いと万引きする奴等と変わらんな。
70だからと容赦せず厳しく対応して欲しい。

・70にもなって、こんなつまらぬことに頭を使わず、少しでも無理のない範囲で身体を動かした方が楽しく健康に暮らせたのに。

・精算機の構造を知っててやったのかな?
チャージが完了した後の紙幣が引っ張っただけで引き戻せるわけないやん。

・懐かしい。昔は通用したけど今は無理だろうな。

・昔、ジュースの自動販売機で流行った手口を今頃するとは。オッサンもアップグレードしないとな。

・ン10年前 自販機で成功した・・・という話を聞いた事がある。

引用:カンテレ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする