速報【神奈川・小田原市】台風12号被害!パトカーが高波にさらわれる!

神奈川県小田原市で、海沿いを走る国道が冠水しパトカー1台と3~4台の車が波にさらわれました。

事故の概要

神奈川県小田原市で、海沿いを走る国道が冠水し、避難誘導のために男性を乗せていたパトカーが高波にさらわれ、少なくとも1人の行方がわかっていません。

「パトカーと乗用車が波にのまれた」という110番通報があったのは、午後7時半過ぎのことでした。あちらの細い道から国道135号線に向かって消防隊員が救助に向かっています。小田原市江之浦の国道135号は、強い台風12号の影響とみられる高波で冠水していて、私も近づくことができません。

135号は相模湾沿いの国道で、警察などによりますと、高波の影響で車が立ち往生していると救助の要請があり、駆けつけたパトカーと3~4台の車が波にさらわれたということです。

パトカーのなかには、避難するために30代から40代とみられる男性1人が乗っていましたが、いまも行方がわかっていません。運転していた警察官は車の外にいて無事でした。

現場は、今も高波が続いていて、同じく波にさらわれた他にも立ち往生していた3~4台の車に乗っていた人は、高台に避難したまま、取り残されているという情報もあります。

また、小田原市の隣町、湯河原町の救急車が急病人を運んでいたところ、この現場の近くで高波を受けて走行できなくなったということです。その後、急病人は自力で高台に避難して、その後、別の救急車で運ばれ、無事が確認されています。

しかし、いまだに被害の全容がわかっておらず、警察や消防が救助にあたっています。

引用:TBS NEWS

事故の場所

地図では、この赤線内になります。

地図で確認すると、ホント海沿いの国道というのが分ります。台風12号の影響で波が非常に高くなって道路の冠水している模様です。

これだけ海に近い道ですから、早めに通行止めにするべきではないかと思います。

事故状況について

事故の詳細については、事故の概要の通りです。

緊急事態ではありますが、避難者をパトカーに乗せたのはいいんですが、そのパトカー自体が高波にさらわれるとは・・・

更に、警察官は外にいたため無事とは、安心なパトカーだけにちょっと残念です。

また詳しい情報が入り次第追記したいと思います。

ネットの反応

・真鶴道路も危ないけど135もすぐ横は海だから危ないわなぁ。

・あれ程、予想が出来ない台風とと言われててあの国道は海に近すぎる。大波で一台止まったら身動きが出来ない道だし逃げ道が無い。大波が来ると車が浮くんだよ、簡単に持って行かれる。

・パトカー呼べば助かる状況でもないだろうに。早めの避難を心がけよう。

引用:YAHOO!ニュース

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする