保元太志容疑者が公衆トイレで当時7歳の女子児童にわいせつな行為!! エッ!!1年前にも…顔画像あり!!

エッ!! 男は1年前にも別のわいせつ事件で逮捕されていました。

概 要

保元太志容疑者(27)は4日、東京・練馬区の公衆トイレで

当時7歳の女子児童にキスをするなどわいせつな行為をした

疑いが持たれています。

警視庁によりますと、保元容疑者は登校中だった女子児童に

「ちょっとこっちへ来て」などと腕を引っ張ってトイレに

連れ込んだということです。

女子児童が隙をみて逃げ出し、近くにいた男性に助けを求めて

事件が発覚しました。

取り調べに対して容疑を認めています。

保元容疑者は1年前にも女子高校生へのわいせつ事件で

逮捕されていました。

引用:ANN

事件があった場所について

地図にて確認しました。

東京・練馬区の公衆トイレということです。

容疑者について

氏 名 保元太志(やすもと たいし)容疑者
年 齢 27歳
住 所 住所不定
職 業 無職

強制性交容疑。容疑を認めている。

この事件について

今回は、7歳の女子児童に乱暴するという事件。

27歳の男に手を引っ張られ、トイレの個室に連れ込んだ

ということで、さぞ怖かっただろうと思う。

この容疑者は、1年前にも女子高生に対し事件を起こして

いるようです。

つまり2回目の逮捕となります。

この犯罪は、過去の事件においても、犯行が繰り返される

ことが多いです。

このように女子児童を狙った犯行は、”小児性愛”という病気

だそうです。この病気で苦しんでいる人も居るようです。

今回は、なぜ女子児童が通学途中に狙われたんだろうか?

朝の登校は一人だったんだろうか?他の児童は

居なかったんだろうか?

さすがに7歳で一人での登校は危険です。

一人しか居ないんだったら、親が付き添って登校する

べきだと思う。

けど、女子児童は隙を見つけて逃げることが出来て

本当によかった。

もう、こんな事件に遭わないよう一人登校は絶対に

させないでください。

ネットの反応

・こいつ、1年前にも性犯罪を犯してるんでしょ。
性犯罪者は再生なんてあり得ず、ほぼ100%再犯するっていう。
こんな輩は去勢すべきだし、罪が軽すぎる。
被害にあった女児の心と体のケアが心配だし、本人と親御さんの気持ちを思うと辛い。

・女子高生から7歳の女児とより弱い者へ対象が変わっている
被害者が女児となると皆無条件に加害者を責めるがもっと成人の被害者の事も理解するべきだ
成人を狙った加害者がいつ子供を狙うか分からない

・病気なので隔離が良いと思う。
抵抗できない子供を襲うことはフェアではない。
言っても無駄か!

・小児性愛は病気です。このコメントを読んだ小児性愛に苦しんでいる方は、どうか精神科やカウンセリングなどを受診してみてください。きっと良い方向に向かいます。

・キスをするなどわいせつな行為と書いてるがそんな軽いものじゃないよね
胸が痛くなる

・日本の法律はあまあま。犯罪者に優しい法律です。

・こえぇ。
女の子や女の子の家族の心情を想像すると胸が苦しくなる。

・すでに目が犯罪者の目。すごく濁っていて、
犯罪するために産まれてきた奴なんだろな。
更正は100%無理

・普通にイケメンの部類なのに勿体ない・・
ノーマルならそこそこ女性を自由にできるのに。。

・あれ?イケメンじゃない?

・こういう奴は再犯するって。何度繰り返したら刑が重くなるのだろう…。学ばない法律。何とかしようよ…。

引用:ANN

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする