今年の日本は異常に暑い!この分析結果を気象庁が発表した。その原因はやっぱり”アレ”だったのか…

今年の暑さはおかしい、と感じている人も多いと思います。気象庁が会見を開き「異常な夏」になった原因について、分析結果を明らかにしました。詳細はこちら!

スポンサーリンク

ニュースの概要

記録的な暑さと大雨に見舞われたこの夏の天候について、専門家による検討会が30年に一度の異常気象だったと判断。

その原因をまとめた。

先月23日に、埼玉県熊谷市で最高気温41.1度を記録して歴代全国1位になるなどとにかく暑い、この夏。

実際、7月の平均気温は東日本で平年よりプラス2.8度となり、1946年の統計開始以来、歴代1位。西日本でも平年よりプラス1.6度となり、歴代2位に並んだ。

なぜ、これほどの暑さとなっているのか。

夏の暑さをもたらす太平洋高気圧に加え、今年はチベット高気圧が強く列島に張り出している。この2枚重ねの高気圧をさらに強めているのが、日本から遠く離れたフィリピン付近で発生している積乱雲だ。

平年より活発な積乱雲からもたらされる気流が高気圧のいわばエネルギーとなり、記録的な暑さが続く原因になっているという。

豪雨から1カ月あまり。

今も行方不明者の捜索や復旧作業が続く被災地。200人以上の犠牲者を出した西日本豪雨は平成に入ってから最悪の水害となった。その原因については…。

異常気象分析検討会:「(Q.『西日本豪雨の原因』について)今回は東シナ海方面から気流が流れ込んだということが非常に特徴的です。

薄い湿った空気の流れ込みと、中下層の比較的分厚い湿った空気の流れ込みが西日本で収束するということで、これまでにあまり見たことのないような水蒸気量を含む空気が西本方面に流れ続けた」

さらに、気圧配置などによって次々と雨雲が作られる線状降水帯の影響もあり、記録的な大雨につながったという。

引用:テレ朝news

スポンサーリンク

今年の異常な夏の原因とは?

この暑さの原因は、概要でもありました太平洋高気圧+チベット高気圧に加え、フィリピン付近で発生している積乱雲が原因となっているようです。

また各地区においても「豪雨」も多かったです。

この共通する原因は、やはり「地球温暖化」です。これが異常気象の原因だ!ということは、多くのメデアでも言っていますよね。

地球温暖化とその原因とは?

温暖化とは、地球全体の気候が温暖になる自然現象を「温暖化」と言っているようです。

さて、温暖化といわれる中で、一体地球の温度はどれくらい上昇しているんでしょうか?

調べたところ、地球の平均気温は、1906年~2005年の100年間の間で、約0.74度上昇しています。

引用:気象庁

問題は、2100年には平均気温が推定1.8~4℃上昇されると予測されています。

この原因としては、温室効果ガスといわれ、石炭や石油の消費により発生する二酸化炭素などです。

それにメタンガスです。このメタンガスの25%を占めるのが、なんと牛や羊の呼吸やゲップなんですよ。

これは、どうしようもないですね。

これ以外には、海底に存在するメタンハイドレートによる影響もあります。これは海水の上昇すると、メタンハイドレートがメタンガスになります。

何だか困った悪循環です…

地球の温度が1℃上昇するとどうなる?

地球の平均気温が1~1.5度上がると生態系へ影響、~1度ぐらいの上昇でサンゴ礁へ影響します。

社会経済システムへは2~3度で食料生産への影響、特に~2度でも途上国の食料生産へ影響しますし、水資源へも影響します。

また、もっと大きな規模では、1~2度で南極やグリーンランドの陸を覆った氷の融解(平均気温が1度上がると、海面は20㎝上がります)、3度以上で海洋大循環停止、

これは北極南極と赤道の温度差を解消するための海水の動きなのですが、それが止まってしまうといった可能性まで心配されています。

引用:ヤフー知恵袋

まとめ

今年の集中豪雨や台風、記録的な暑さは、地球温暖化が原因と考えられています。

これに対し、私たちが地球の未来、子どもたちの未来の為に取り組むべき事は何か?

私たち一人一人が地球温暖化の原因対策のために環境にやさしい取り組みを進めることが必要ですよね。

今からでも出来ることは、eco商品を使ったり、車を停める時は必ずエンジンを止めるなど、小さいことですが、みんながやれば、大きな効果になりますよね!

ぜひぜひ、皆さんのご協力を、お願いします。

小さなことから、コツコツと(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする