警察犬のアリスト号が後藤一馬容疑者の自宅を突き止め逮捕!! アリスト号ってどんな犬!?

タクシー料金の支払いを拒否し、運転手の顔を殴ってけがをさせたとしたとして、自称・会社社長の男が警視庁に逮捕されました。

概 要

逃げた男の手がかりをつかんだのは警察犬でした。

逮捕されたのは、東京・足立区の自称・会社社長、

後藤一馬容疑者(31)です。

後藤容疑者は先月20日午前3時半ごろ、

足立区でタクシーの乗車料金およそ7000円の支払いを拒否したうえ、

運転手の男性(68)の顔を殴るなどして

軽傷を負わせた疑いが持たれています。

現場に出動した警察犬「アリスト号」が、

後藤容疑者の遺留物をたどって追跡し、

自宅を突き止めました。

取り調べに対し後藤容疑者は「酔っていてよく覚えていないが、

間違いありません」と容疑を認めているということです。

引用:TBS NEWS

事件があった場所について

地図にて確認しました。

JR神田駅から足立区の自宅までタクシーを利用しています。

事件は、自宅近くと思われます。

容疑者について

氏 名 後藤一馬(ごとう かずま) 容疑者
年 齢 31歳
住 所 東京・足立区
職 業 会社 社長

この事件について

今回は、タクシー料金約7000円を拒否した上に、

運転手の顔を殴るなどの軽傷を負わせたということです。

容疑者は、自称社長とのことですが、酒に酔っているとはいえ

7000円のお金が払えなかったのでしょうか?

しかし、今回は警察犬のアリスト号のお手柄で自宅を突き止め

犯人を逮捕することが出来ました。

犬の嗅覚は、人間の4000~6000倍と言われています。

ちょっと、どんな感じに臭いがかげるのか想像しちゃいます。笑

ところで、日本の警察犬といえば、

・ラブラドールレトリバー

・ドーベルマン

・ボクサー

・エアデールテリア

・コリー

・ゴールデンレトリバー

・ジャーマンシェパード

等の大型犬が認定されています。

で、今回活躍した警察犬は、ジャーマンシェパードです。

実は、私の家の実家にもシェパードを飼っていますが、

何も役に立っていません…

一応、番犬にはなってるか。

あまりに力が強く、母が散歩中に転倒し脱臼してしまいました。

訓練すれば、素晴らしい犬になってたかも…

今回の警察犬のアリスト号は、素晴らしい!!

人間も、負けてられませんね。

ネットの反応

・最近は災害救助犬や麻薬探知犬がクローズアップされていましたが警察犬の優秀さとありがたさが改めてよくわかりました。グッジョブ

・酒で事件を起こした人は、酒のせいにするのはやめて欲しい。
警察犬のワンチャンお手柄でしたね。

・大手柄でしたね。
日頃の訓練生かされてこの逮捕に繋がったわけですね。
お疲れさまでした。

・やってないと拒否するかと思ったら認めたんだね
人並みの理性と良心はあるみたいだから禁酒した方がいいね

・アリスト号くん、、ご褒美貰いましたか? 良かったね、訓練士さんに褒めてもらい得意顔かな。

・ネットによく出回ってる
警察犬が表彰されているときに
犬が緊張して飼い主に両手を握ってもらってる画が好き

・会社社長(自称)か7000円程度の料金も支払えずに犯罪かw

・罪を酒のせいにして逃げようとするクズよりもこの優秀な警察犬のほうがよっぽど生きる価値があるしはるかに社会のためになる。

・犬のきゅう覚や聴覚は、人間よりもはるかに優れていて、それが警察犬だけでなく、災害救助犬、麻薬探知犬、その他補助犬というふうに、使役犬として応用範囲が広い。その犬たちは、訓練士から訓練を受け、使役犬として適した犬だけが、現場で活躍することを許される。

引用:TBS NEWS

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする