【埼玉県上尾市】小学6年の齋藤馴君がモトクロスバイクの練習中に事故!! この場所は!? 事故原因は!?

齋藤馴君バイクで転倒した際に胸などを強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。

概  要

埼玉県上尾市でモトクロスバイクの練習をしていた

小学6年の男の子が転倒し、搬送先の病院で死亡しました。

死亡したのは、千葉県野田市の小学6年の斎藤馴君(12)です。

警察によりますと、斎藤君は27日午前11時ごろ、

上尾市にあるモトクロスバイクのコースで練習中に転倒しました。

斎藤君は病院に運ばれましたが、胸を強く打つなどして

まもなく死亡しました。

現場は河川敷にある周回1.2キロのコースで、当時、

大人から子どもまでの14人がバイクでコースを走って練習していて、

斎藤君は午前10時半ごろから練習を始めていました。

転倒する直前に他のバイクと接触などはしておらず、

警察はコースの管理者などから事情を聴いています。

引用:ANN

事件があった場所について

地図にて確認しました

埼玉県上尾市平方のモトクロス練習施設「ウエストポイント オフロードヴィレッジ」

です。

引用:http://www.westpoint.co.jp/

ウエストポイントの公式サイトはこちら

亡くなった児童について

氏 名 齋藤馴(さいとう しゅん)くん
年 齢 12歳
住 所 千葉県野田市
職 業 小学校6年生

この事故について

小学校6年生の子供がモトクロスバイクで転倒して亡くなる

という事故。

若い子供が亡くなる事故は、本当に辛いです。

今回は、プロテクターやヘルメットを装着しているにもかかわらず、

亡くなってしまったのは、運が悪かったとしか言いようがありません…

胸を強く打ったということですから、胸郭プロテクターも付けていれば、

命は助かったかも知れません。

YouTubeとかで検索すると、モトクロスバイクの動画も出てきますが、

あれは怖いですね。

私も子供は13歳ですが、恐らく怖がって乗れないでしょう。

ところで、バイク競技は恐怖心を覚える前に始めないと上位は狙えない

という話です。

小学校上がる前に始めると上達するのも早いらしいです。

けど子供にやらせるのは、ちょっと心配ですが、キケンを伴うのは

承知の上だと思います。

しかし、一度のミスで命を落とすのは、辛すぎます。

恐らく、ジャンプでの事故でしょうか?これも、年齢制限等が必要に

なるかも知れません。

やはり子供が乗るのは、安全を第一に考えて欲しいです。

ご冥福をお祈りいたします。

ネットの反応モトクロス

・日々、大ケガも覚悟の上だったと思います。
大会を目前に、練習にも気合いが入っていたはず。最悪の事態となり、ご親族の心情を思うと胸が痛みます

・大会に向けて頑張って練習を積んでいたのかと思います。
ご冥福をお祈りします。

・命懸けでやるスポーツ、昔モトクロスやってる時に大怪我した人がいて、長い間コースが使えなかった事があった、今はマシンの性能も上がりより遠くより速くになったが危険度も上がってるから十分気を付けないとね。

・命懸けのスポーツですから仕方ないのかもしれませんが、親御さんは危険覚悟でやらせていたのかな。本当に悲しくやりきれないですね。

・オンでもオフでも、公道より安全なのがレース場という空間だけど、ジャンプについては、年齢制限等あってもいいと思う。

・キチンとした指導者がいての事故でしたら、運がなかったとしか、言いようがありませんね。 両親の気持ちを考えると、大変辛いです。

・プロテクターつけたて亡くなるなんて運が無かったのかなぁ

・モトクロスバイクはガチでやばいスポーツの一つ、
親も当然わかっていたはず。

引用:NNN

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする