【全日本学生馬術大会】大会準備で事故!杉本はるかさんが馬に頭け蹴られて意識不明の重体、この馬が暴れた原因とは?

女性が手綱を持って馬を引いていたところ、突然暴れだした馬に引きずられて転倒、頭を蹴られました。

スポンサーリンク

事故の概要

23日午前7時半ごろ、愛知県尾張旭市の「愛知県森林公園」の乗馬施設で、女性が手綱を持って馬を引いていたところ、突然暴れだした馬に引きずられて転倒、頭を蹴られました。

女性は、名古屋大学馬術部の3年生・杉本はるかさん(21)で、脳挫傷やくも膜下血腫などで意識不明の重体です。

この施設では、24日から全日本学生馬術大会が開かれる予定で、杉本さんは、この大会の準備のために施設に来ていたとみられます。

「(きゅう舎の)中の通路を歩いていたら、突然、馬が暴れた。いつもいる環境下ではないので、馬が少し神経質になっていたのでは。二度と事故がないように徹底したい」(全日本学生馬術連盟 長友満則 理事長)

大会関係者によりますと、暴れた馬は、乗馬用の12歳のメスで、体重は500キロ近くあるということです。

引用:JNN

事故があった場所について

地図にて確認しました。

この施設で突然暴れだした馬に引きずられて転倒、頭を蹴られたということです。

杉本さんについて

氏 名 杉本はるか(すぎもと はるか)さん
年 齢 21歳
住 所
職 業 名古屋大学3年生

脳挫傷やくも膜下血腫などで意識不明の重体です。

スポンサーリンク

この事故について

この馬が暴れた原因は、”いつもいる環境下ではない”ということですから、別の場所から来た馬なんでしょうか?

はっきりした原因は、分りませんが馬は蜂一匹いても暴れることがあります。また、いくら調教されてるとは言え、動物は突然暴れるので、扱いには十分注意が必要です。

このような事故は、少なくありませんから決して気を緩めないことです。

それと気になるのは、保護具です。コメント欄にもありますが、プロテクターやヘルメットなど、自分の身を守るためにも着用するべきです。今回は、着用されていたかは不明ですが。

けど、ヘルメットをかぶっていれば、大丈夫だったかも知れません。

引用:https://www.myershotel.de/de/?77170967-Tags

今回は、馬も人も誰も悪くないと思います。

ただ後遺症が残らず無事に回復することを祈るしかありません。

ネットの反応

・馬房から出す時には保護帽をつけないといけないけど、どうだったのかな。
とにかく、回復されることを祈ります。

・4回生の現役馬術部員です。校内曳馬してても立ち上がってやばいときがあるくらいやから試合場はマジ危険。防ぐことは無理、とくに牝は。

・女子大生はかわいそうだが
馬には罪がないよ

・高3女馬術部です。私は馬が言うこと聞くまで鞭で叩き続けて拍車で蹴りまくるので馬は反抗しません。この人は馬に舐められてるんでしょう!

・1日も早く回復することを祈ります。

・馬は大きな体と身体能力を持った四歳児です。
犬以上に人間に合わせて改良されており、さらに調教もされているので大人しく従順です。

馬の弱点として、神経質で音に過剰な反応を示します。
そのため胸部のプロテクターやヘルメットが推奨されているのです。
しかし、長年の改良に加え調教により、声かけなどのコミュニケーションを取りながら作業を行えば、よほどのことがない限り暴れることはありません。

引用:CBC

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする