【両替所・強盗未遂】斉藤拡和容疑者が店員をナイフで脅し現行犯逮捕!顔画像あり!その一部始終を防犯カメラが捉えた!

タイの首都・バンコクで、日本人の男が外貨両替所に押し入り、現行犯逮捕された。

スポンサーリンク

事件の概要

その一部始終をカメラがとらえていた。

両替所に押し入り、店員をナイフで脅す男。
カウンターを乗り越えて中を物色し、店を出ようとするが、ドアに鍵がかかっていて出られない。

この男は、11月1日からタイを訪れていた斉藤拡和容疑者(33)で、10日、強盗未遂で現行犯逮捕された。

この店では、客が出入りする際、店員がカウンターからドアを開け閉めする。

防犯カメラには、斉藤容疑者が目出し帽をかぶったまま店に入ろうとした際は、ドアを開けてもらえなかったが、脱いで素顔を見せると、店員がドアを開けてしまう一部始終も映っていた。

両替所オーナーは、「みんなびっくりした。このような事件は今までなかった」と話した。

斉藤容疑者は、「12万円を持って来たが、使い果たした。タイで暮らしたかった」と供述している。

引用:FNN

事件のあった場所について

地図にて。調べてみました。

最近では、日本からバンコクに旅行に行く人も多く、ワットポー・ワットアルン・ワットスタットなどバンコク周辺日帰り観光地も人気だそうです。

私の知人も、先日までタイに2年いました。いいところだよ!って言ってました。

スポンサーリンク

容疑者について

氏 名 斉藤拡和(さいとう ひろかず)
年 齢 33歳
住 所 不詳
職 業 無職
容 疑 強盗未遂

この事件について

同じ日本人として、恥ずかしい事件です。

33歳にしては、計画もなさすぎです。ですが、東南アジアで生活したいならタイはオススメです。

例えば、日本人用養老院もあるし、バンコクでは、日本語が通じる病院もあります。それに、物価も安く、平和なんです。

両替所のオーナーも、「みんなびっくりした。このような事件は今までなかった」と話した。

ということですから、強盗事件なども無いんでしょう。

なので、タイでずっと暮らしたいという気持ちも分らなくはないですが、まず12万円では元々無理な話です。

今後は、身柄引き渡しか?どうなるのか分りませんが、しっかり反省していただきたい。もう海外には行くことは出来ないでしょう。

ネットの反応

・恥知らずな男だね。
もう日本へは永久に入国できない様にしてください。

・情けない…日本人の恥!!
タイ国民の方々に申し訳ない…

・ゆとり以降はほんとにやばい人間がいる。
祖父母を平気で殺すのもそうだし,ハロウィン騒ぎを見てても外国人以上に警戒が必要ですわ。

・日頃外国人の犯罪がどうこうと言っているのに
恥ずかしい

・タイの刑務所で一生暮らしてくれ。

引用:FNN

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする