【愛知県・岡崎市】大型トラックがバイクに衝突!バイクの上條正大さんが死亡!トラック運転手の阿部巧容疑者を逮捕!この原因とは?

愛知県内で18日、大型トラックとバイクによる事故が相次ぎ、男性2人が死亡しました。

スポンサーリンク

事故の概要

18日午前11時前、岡崎市の国道一号線で車線変更をしようとした大型トラックがバイクに衝突しました。

この事故でバイクを運転していた岡崎市の会社員、上條正大さん(42)が胸などを強く打ち、およそ2時間後に死亡。

警察は、トラックの運転手、阿部巧容疑者(44)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。

また、午前1時すぎには、小牧市でもトラックにバイクが衝突して男性1人が死亡し、警察が事故の原因を調べています。

引用:CBCテレビ

事故のあった場所について

地図にて確認しました。

枠内のグレーの道路が1号線です。

亡くなられた方について

氏 名 上條正大(かみじょう まさひろ)さん
年 齢 42歳
住 所 愛知県岡崎市
職 業 会社員

スポンサーリンク

この事故について

ここ最近では、40~50代のバイク事故も増えてきたのではないでしょうか?

特に週末の天気の日は、バイクも多いです。私は、トラックではありませんが、バイクが前後にいると、なんだか怖いです。

なるべく車間距離はとっていますが。しかし、まだ普通自動車は、バイクが死角になるということは、あまりないとは思いますが、これが映像のトラックにもなると、死角が多いです。

今回の事故は、トラックの運転手が容疑者になっていますから、何らかの過失があったと思います。事故はバイクに衝突ですから、恐らく死角になり気がつかなかったのかな?

いくら自分で気をつけていても、事故は起きます。相手が自分に気づかなければ、当然、寄ってくることもあります。

なので、なるべく近づかない。近づいてきたら離れるという、自ら危険なケースを学習し回避することが大事だと思います。

ネットの反応

・キャビン横裏ぐらいが死角なんだよね〜一度ぶつかりそうになってからは目視するようになった!
バイクのマフラーうるさくするのも身を守る為の1つの手段。

・トラックも悪いかもしれないが、バイクの車の間をぬけたりと危険な運転が多すぎる。高速もそうですが、バイクは1番左車線を走るべきで、交通ルールがキチンとしてないのも問題です。

・毎日のことですね
たまたま愛知県内で相次いで起きた事故。トラックが確認無しに車線変更するからだろう

・バイクの運転手は不必要にトラックに近づかない方がいい。

・バイクは予測不能な行動をとるとこが多いから、本当に怖い。気を付けましょう。

・またサンデーライダーか

・1号や23号のど真中の車線上を走ってバイクは抜かしていくからな、車運転しててもヒヤッとする時あるしな。
バイクは事故イコール死に直結してることをバイク乗りは自覚して欲しい。

引用:CBCテレビ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする