【文京区本郷】3歳の女の子が、やけどを負って死亡!! ベビーカーの酸素ボンベが原因か!?

カフェで、ベビーカーから火が出て、乗っていた3歳の若生樹織ちゃんが、やけどを負って死亡した。

概要

20日午後、文京区本郷のカフェで、

突然ベビーカーから火が出て、

乗っていた3歳の女の子が、

やけどを負った。

女の子は母親と一緒にいて、

病院で治療を受けていたが、

21日朝、死亡した。

目撃者は、「消防車がたくさんもう何台も来たので、

煙とか火とかそういうものは、わたしが見た時には、

何もなかった」と話した。

当時、店内では、高齢者や障害者向けの食事を作る

料理教室が開かれていて、ベビーカーには、

女の子が使っていた酸素ボンベが乗せられていた。

料理教室では火は使われておらず、警視庁は、

酸素ボンベから発火した可能性もあるとみて調べている。

引用:FNN

事故があった場所について

地図にて確認しました。

文京区本郷のカフェということです。

この事故について

ちょっと、あり得ない悲しい事故が起きてしまいました。

この事故、お子さんのために参加された料理教室だと

思いますが、この場でこんな事故が起こるなんて。

それも、命をつなぐための機器で、命を落とすなんて、

ご両親も辛いと思います。

他のニュースでは、15分後に火を消し止めたと書いていました。

女の子は、さぞ苦しかったろう、熱かっただろうと思います。

確かに、私の母親も酸素ボンベを家で付ける時は、タバコ、コンロ

の火など、絶対ダメだとしつこく言われました。

今回の原因は、一体何だったんだろうか?

料理教室では、この時は火を使っていなかったようですが、

他に考えられる原因てなんだろうか?

ボンベから酸素が漏れても、火源がないと、

火炎は生まれないです。

とにかく原因をしっかり調べて欲しいです。

でないと今後、安心して使えないです。

どこのメーカーなのかも気になるところです。

ご冥福をお祈りいたします。

ネットの反応

・生きるために必要なものにより死に至るとは…。
原因が分かったとしても…辛いな

・摩擦や静電気で発火することがある。
こればかりは仕方ない。
母親が自分を責めることがないように、周囲が支えなければならない。

・ベビーカーはどこにあったんでしょうね。ボンベから出る酸素は火の勢いを増すことはあるかもしれませんが、火の気もなしにボンベ自体が発火することなどあるんでしょうか。

・医療用酸素ボンベは、相当安全に作られているはずで、発火は通常考えられない。
酸素ボンベのみでの発火はまず考えられない。謎だ。

・誰に責任とかの問題ではない
これは本当に悲劇。。
自分の子供が目の前で火に包まれたら。。
気の毒過ぎます

・これはつらい…お母さんも、この子のために、この料理教室に参加したんだろうに…
決して、自分を責めないでほしい。お母さんの愛情、きっとこの子には伝わっています。

・可哀想すぎる…
せっかくこの世に生まれてきた命で頑張って生きてきたのに、命をつなぐ道具で亡くなるなんて…

・痛ましい事故です。
原因究明して、このような事故が起こらないよう、改善策と注意喚起をして欲しいです。

引用:FNN

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする