【糖質制限・朗報】”カリフラワーライス”がアツイ!なんと通常ごはんの糖質を96%カット!これは、食べるしかない!!

エッ!茶わん一杯でわずか27カロリー!通常のカロリーが1/10、そんな話題のニュースがこちら!

スポンサーリンク

ニュースの概要

糖質制限をしている人たちに朗報となるのだろうか。ご飯のような野菜が発売された。

通常のご飯と比べて、糖質をなんと96%カットしたというのが「カリフラワーライス」だ。

健康に気を使う人が増えていることから、カリフラワーをご飯代わりにした糖質制限メニューは飲食店などにも広がっている。

大手スーパーのイオンが21日から売り出したカリフラワーライス。調理は至って簡単。レンジで解凍するだけ。カリフラワーを米粒程度に細かくカットして見た目を再現した。

では、肝心の味はどうか。ご飯と比べると、シャキシャキとしてみずみずしい感じもする。

茶わん1杯でわずか27キロカロリーで、通常のご飯の10分の1程度だ。

ハンバーグをおかずに食べても…。

野菜とハンバーグのため合う。では、納豆はどうか。

相性はまあまあ。納豆を濃いめの味付けにすれば合う。

カリフラワーライスはくせが少なく、チャーハンなどにも合わせやすいという。果たして今後、広がりを見せるのだろうか。

引用:ANN

ブロッコリーがカリフラワーに逆転?

あなたは、ブロッコリー派?それともカリフラワー派?

我が家では昔は、カリフラワーが食卓によく出てきていました。しかし最近では、めっきり出てこなくなりました。

カリフラワーが出てこなくなった理由とは?

ブロッコリーは、収穫直後に低温保存しないと、すぐに色が変色してしまいます。これに対してカリフラワーは、収穫後の常温保存でも色は変わりません。これにより、圧倒的にカリフラワーの生産が多かったんです。

《カリフラワー》

しかし、低温保存によるトラックの流通などで、1980年代より生産量は大逆転しました。現在では、東京都中央卸売市場での取扱量は、ブロッコリーが約13万トン、カリフラワーは約2万トンということです。

《ブロッコリー》

スポンサーリンク

ブロッコリーともカリフラワーの違いとは?

じゃ、カリフラワーを、ご飯にしちゃダメなの?

そもそも、どちらもアブラナ科の植物なのに、色以外に何が違うの???

項 目 カリフラワー ブロッコリー
エネルギー 27kcal 34kcal
水分 90.8g 89g
タンパク質 3.0g 2.82g
脂質 0.1g 0.5g
炭水化物 5.2g 6.64g
食物繊維 2.9g 2.6g
糖質 2.3g 1.7g
数値は100gあたり

数字としては、若干カリフラワーの方がカロリーは低いですが、大きく差はないと思います。

やはり選ばれた理由は、カリフラワーが白くご飯の色に近かったからだと思います。緑のご飯はねえ…

個人的には、茹でた物をマヨネーズで食べるなら、ちょっとパサつきのあるブロッコリーかな?カリフラワーは、確かにみずみずしい。それが、ご飯の代わりに合っていたんでしょうね。

このニュースについて

確かに、最近はカリフラワーを食べた記憶がない…

しかし、今回発売されたカリフラワーライスは、レンジでチンするだけで、すぐに食べられる。しかもご飯と比べてカロリー1/10です!

最近、体重が…という方にオススメですね。私も、体重が…という人なので、ちょっと試してみたいです。

焼きめしとかにすれば、ホント分らないでしょうね。

もし、試してみたい!という人は、イオンに売っているようです。

ぜひ、試してみてください。

引用:ANN

ネットの反応

・初めて知りました「カリフラワーライス」、糖質カットはいいのですが、寒い日が続く為にスタミナ切れとか体を冷やさないか「心配です。」

・良い所に目を付けた商品。
レパートリーが増えるので、嬉しい。

・まあ、ご飯は飽きないが、カリフラワーの方は、毎日三食は飽きるなあ。糖質制限には良いので時々なら食べてみたい。

引用:ANN

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする