【千葉県佐倉市】停車中のトラックに入り込み小五の竹内隼君が死亡!これドライバーに過失はあるのか?

7日、千葉県佐倉市の路上で、11歳の男の子がトラックにひかれ、死亡しました。

スポンサーリンク

事故の概要

サッカーボールを取りにトラックの下に入って、ひかれたとみられています。

7日午後5時前、佐倉市宮ノ台の路上で、小学5年生の竹内隼くん(11)がトラックにひかれ、病院に運ばれましたが、死亡しました。

警察によりますと、トラックが交差点で信号待ちをしている際、サッカーボールが転がってトラックの下に入ったため、竹内くんはボールを取りにトラックの下に入ってしまったとみられるということです。

青信号に変わったため、トラックは竹内くんがいることに気づかずに発進し、竹内くんがタイヤにひかれたとみられています。

竹内くんは交差点の近くの駐車場で、友だちとサッカーボールを使って遊んでいたということで、警察は当時の状況について調べています。

引用:JNN

事故があった場所について

地図にて確認しました。

他のニュースでは、事故現場は市立井野中学校前の住宅街ということです。

中学校の道を挟んで上側に大きな駐車場があります。

もし、サッカーをここでしたなら、ボールが道路側に転がったら止まるフェンス等が無いため、道路に転がっていくでしょう。

亡くなった児童について

氏 名 竹内隼(たけうち はやと)くん
年 齢 11歳
住 所 千葉県佐倉市宮ノ台
職 業 小学5年生

トラックにひかれて死亡。

スポンサーリンク

この事故について

この事故について…

小学生の低学年なら、まだ分らないことは無いんですが、さすがに高学年となれば信号待ちで止まっている車の下に入ってはいけない。ということは分るはずだと思います。

もちろん、亡くなった児童も痛かっただろう、苦しかっただろうと思い可愛そうです。でもドライバーも、予測出来ないことですから気の毒だと思います。

この事故を防ぐとするならば、信号待ちの発進前に車から降りて車両下を確認するしかありません。

そんなことは、不可能です。

じゃ、どっちが悪いの?という話になれば、過去に同様の事故があったのですが、ドライバーは不起訴処分になったようです。

恐らく、今回も無過失事故と判断される可能性は高いと思います。

理由として、発進時に完全に死角に居たのなら、運転手に事故を防ぐ手立てはない。また停止中に車両の下に入ろうとする者を警戒する注意義務は、運転手には課されていないということです。

今回の事故は、児童が悪いと責めることは出来ませんが、運転手はちゃんと救護もしているし落ち度もありません。けど、人をひいて死なせてしまったのは事実なので、心のケアも考える必要があります。

ドライバーは33歳の女性です。また仕事に復帰され頑張って欲しいです。

ネットの反応

・この場合でも運転手は業務上過失致死に問われるのだろうか?、そもそも信号待ちしているトラックの下に潜り込む子供が悪いのであって運転手に落ち度はないと思いますが。

・運転手も子どもも気の毒だ。
せめて運転手があまり厳しく責められませんように。

・これは運転手悪くないよ。
なんの罪にもしないであげて。
亡くなられたお子さんは気の毒だけれど、危険だと思えなかったのは少し疑問。
ご冥福をお祈りします。

・やむを得ない不慮の事故として片付いて欲しい。これで責任問われるなら車に乗れない。
見えない物をどうしろと、残念ですが親は不行き届きだったと諦めるしか無いと思う。

・信号が変わったらまず全ての車が一度降りて車の周囲と運行の問題を確認してから発進する
そんなことは現実的に出来ないから運転手に過失はない

・これで運転手が罪に問われたら、信号待ちの発進の度に車を降りて点検しなければならなくなる。

・子供も運転手もかわいそう・・・
だけど、小5でしょ。車が、道路が危ない事ぐらいは理解しているだろに。

引用:JNN

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする