【東京・台東区】医学部生の四十宮直樹容疑者が逮捕!! タイ人の女性を棒で強く叩きすぎたか!?

東京・台東区のホテルで、19歳のタイ人の女性が殺害された事件で、

20歳の医学部生の男が逮捕された。

概要

逮捕された昭和大学医学部の四十宮直樹容疑者(20)は

2018年12月、台東区のホテルで、当時19歳のセーンネ・パニダさんを

殺害した疑いが持たれている。

警視庁によると、現場に凶器とみられる血のついた作業用レンチが

見つかっていたが、四十宮容疑者は、ホテルに向かう前に秋葉原で、

作業用レンチを購入していたという。

四十宮容疑者は、調べに対し、「棒を使って、強くたたきすぎて亡くなった。

殺すつもりはなかった」と殺意を否認しているという。

引用:FNN

事件あった場所について

地図にて確認しました。

東京・台東区のホテルということです。

容疑者について

氏 名 四十宮直樹(よそみや なおき) 容疑者
年 齢 20歳
住 所 不詳
職 業 昭和大学医学部

殺意は否定している。

この事件について

今回は、医者を目指していた医学部生が、人を殺害した事件。

容疑者は、この女性とは、どういう関係だったのでしょうか?

ホテルに行く前に作業用レンチを購入していたということですから、

これは計画的ではないでしょうか?

レンチといえば、パイプレンチ、六角レンチ、トルクレンチと、いろいろ

ありますが、一体、どんなレンチだったんでしょうか?

ニュースでは「棒を使って強く叩きすぎた」ということですから、めがねレンチ

でしょうか?

こんな物でたたかれたら、痛いでしょうね。

そして殺意は無かったということですが、強く叩くと死んでしまうのは、

判るはず?

命を救う仕事をするために、今まで頑張ってきたはずなのに、今回は

なぜ、こんなことになって、しまったのでしょうか。

容疑者は、頭に手術の跡でしょうか、相当、大きなケガか病気をして、

恐らく医者に命を助けてもらい、そして自分も医師に!と頑張って

いたんだと思います。

頑張っていただけに、今回の事件は残念に思います。

まだ若いし罪を償って頑張って欲しいです。

ネットの反応

・頭の傷は手術後でしょうか。そして医学部なら、命の尊さを人一倍理解しているはず。自分の行動の結果も見えていたはず。

・裕福な家に生まれたのだと思うけど、なんでこんな事するんだろう。親御さんはたまったもんじゃないな…

・タイ人女性の家族は気の毒だ

・レンチを事前に準備しといて殺意はなかったとか、そんなの通用しませんよ。

・え?なんで?
レンチで頭殴ったら死ぬよね?
解らなかったかな?
医学部だよね?
子供でも解るよね?
そもそもなんで殴るん?

・なんで叩く必要があるの?医者になろうとしてるんだろ?

・殺意はあるよね、誰が見ても。何だろう、レンチで人様を殴るって。そんな奴が医者目指すなよ、単なるサイコパスだろ。

引用:FNN

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする