【台東区】タクシー運転手の中山健容疑者がひき逃げで逮捕!! 肋骨が折れ意識不明なのに大丈夫って!?

跳ねられた男性は、意識不明の重体なのに、声をかけたら「大丈夫」と言われたって、どういうこと!?

概要

8日未明、東京・台東区の路上で59歳の男性が

車にはねられて意識不明の重体になったひき逃げ事件で、

37歳のタクシー運転手の男が逮捕されました。

タクシー運転手の中山健容疑者は8日、

台東区浅草橋の路上で59歳の男性を車ではね、

重傷のけがを負わせて現場から逃走した疑いが持たれています。

男性は病院に運ばれ、肋骨(ろっこつ)などを折り

意識不明の重体です。

警視庁によりますと、防犯カメラには現場から逃走する

中山容疑者の運転するタクシーが映っていた

ということです。

取り調べに対し、中山容疑者は

「道路で寝ている人をはね、声を掛けたが大丈夫と言われ、

現場から立ち去った」と話しているということです。

引用:ANN

事件あった場所について

地図にて確認しました。

台東区浅草橋の路上ということです。

容疑者について

氏 名 中山健(なかやま けん) 容疑者
年 齢 37歳
住 所 不詳
職 業 タクシー運転手

ひき逃げの疑いですが、現在は、容疑を否認しているようです。

この事故について

この事故は、被害者の男性が道路で寝ていて、

タクシーにひかれたという事故です。

タクシーは、ひいた男性に声をかけたが、「大丈夫」と

いうことで、その場から去ったということ。

肋骨が折れているので、胸の部分を車でひいたことに

なるのだと思います。

この状態で、意識不明だったかは判りませんが、決して

大丈夫ということは無いと思います。

その後に、被害者が立ち上がったかどうなのかが気になる

ところです。

いずれにせよ、事故を起こした時点で、警察に届ける運転者の

事故報告義務違反になります。

けど、これで問題になったり罰金になることはないようです。

でも、事故を起こしたら、ちゃんと警察に連絡はしましょう。

今回は、また防犯カメラの大活躍でした。

この防犯カメラがある限り、悪い事は出来ませんね。

ネットの反応

・ひかれて大丈夫なわけないやろ。
怪がなくても警察に申告する必要。

・逃げたんはよろしくない。が、道路に寝ていた人は

車にはねられても、しょうがないでしょ!

・やはり車載カメラや防犯カメラは必要だな。

・肋骨折られてるのに大丈夫と言うかな。

・道路で寝ていた?
道路はベッドかよ 減刑を求めます。
37歳なのに可哀想

・声をかけて大丈夫と確認とったのに轢き逃げ。

・寝ていたとは言い訳ですねぶつけたなら逃げないことだよプロでしょう、人殺しのプロかな。

・小学生でも嘘と解るような嘘よく言うな?
反省の欠片も無い輩!厳罰にて・・・

引用:ANN

まとめ

今の段階で、真実は分っていません。

タクシードライバーの言っていることが本当であれば、

ひき逃げではありません。

けど、その場を何も無かったように立ち去るのはいけません。

最低限、病院に連れて行って、警察に連絡しないとね。

また情報が入り次第、追記いたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする