【福島県郡山市】乾マタニティクリニックの乾裕昭院長が死亡!!息子の乾誠悟容疑者が殺人の容疑で逮捕!!果たして、その動機とは!?

「院長の首を絞めた」と産婦人科の病院から通報がありました。

スポンサーリンク

概要

警察によりますと、12日午後5時ごろ、福島県郡山市の乾マタニティクリニックで乾裕昭院長(69)の妻から「息子が夫の首を絞めた」と通報があり、3階の自宅で院長が倒れているのが見つかりました。

息子の誠悟容疑者(34)が駆け付けた警察官に「俺が殺した」と話し、殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されました。

乾院長は搬送先の病院で死亡が確認され、警察は容疑を殺人に切り替えて捜査を進める方針です。

亡くなった乾院長は不妊治療などを手掛けていて、地元のテレビや新聞に度々、登場していました。

引用:テレ朝NEWS

事件のあった場所について

地図にて確認しました。

3階の自宅で院長が倒れていたということです。

乾マタニティクリニックのホームページはこちら。

容疑者について

氏 名 乾誠悟(いぬい せいご)
年 齢 34歳
住 所 郡山市並木
職 業 無職

殺人の疑い。

容疑を認めている。

スポンサーリンク

この事件について

亡くなられた乾裕昭院長は、不妊治療ではとても評判が良く有名な先生だったそうです。

過去に治療を受けていた方や、現在、治療を受けている方は、かなりショックだと思います。

コメント欄でも、そんな意見が沢山あります。

私はこの院長先生のおかげで2人の子供を体外授精で授かる事が出来ました。
なのでかなりショックです。
不妊治療では有名な先生で患者さんも沢山居るのに気の毒でしかありません。。。

引用:朝日新聞デジタル

しかし、容疑者が息子ということです。親としても、まさか息子に殺されるなんて、夢にも思わなかったでしょう。

この動機は、ハッキリしていませんが、やはり無職というところでしょうか。

やはり父親としては、当然、病院を継いで欲しかったんだと思います。恐らく期待されていたのだと思います。

けど、無職というだけで、「やっぱり」とか「そりゃ、あかんわ」という意見も、過去の事件を見ていても多いです。

しかし、息子もなりたくて無職になっている訳じゃないので、ネットのコメント欄で責めるのも可愛そうだと思います。学生時代や、就職してから、いろいろと問題があったのだと思います。

けど、殺人はよくないです。私も、親子喧嘩はよくしますよ。ヒドイ時は、お互いに親子の縁を切ろう!ということも言いますが、結局、数日後には、何もなかったように…

それは、やっぱり血の繋がった親子やからね。喧嘩しても、お互いに心のどこかに、思いやる気持ちがあるんですよ。

今回は、非常に悲しい結末でした。

ご冥福をお祈りいたします。

ネットの反応

・ここ有名な病院だよね

・無職に対する世間の目が厳しすぎるのも一因だと思います。身内にいますし自分も手前みたいなものですが、そういう人はそれでいい、という大らかな社会になってほしいと切実に願います。

・乾先生は患者さんのことを真剣に考えて治療してくださる、素晴らしい医師でした。残念でなりません。ご冥福をお祈りいたします。

・みんな色々抱えて生きてる。
生きるって大変。

・殺された父親が、この子が生まれた時に取り上げたかもしれないのにな。まさか、その子に殺されるなんて…

・ここに通っている妊婦さんが精神的ショックを受けないか心配だ。

・親の責任ある家庭かもしれない、親父が医者で息子は、
無職、それか落大、追い詰められていたかも!親がわからない!
今の家庭は親としやべらない、子供が多い

・ここに通っていた妊婦さんは大迷惑だな。妊婦検診とかの引き継ぎどうすんだろ。紹介状すら作れないじゃん。

・産婦人科という命が生まれる現場での、子による親殺人事件。闇が深すぎる。

引用:朝日新聞デジタル

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする