【福島県・海星高校】福島丸の鈴木麗央機関士が生徒3人と酒を飲み、車で送る途中に事故!街の鉄工所が悲惨…

福島県の県立高校の男性職員が、生徒と飲酒をしたあと、車を運転して事故を起こした。

スポンサーリンク

事件の概要

福島県の教育委員会によると、福島県立いわき海星高校の練習船・福島丸の鈴木麗央機関士(27)は、1日午後7時ごろから、自らが勤務する高校の男子生徒3人と居酒屋で酒を飲み、2日午前3時すぎまでカラオケをしていたという。

事故は、鈴木機関士が生徒を送る途中で発生。
鈴木機関士と生徒2人が、重軽傷を負った。

事故のあと、鈴木機関士からは基準を超えるアルコールが検出されていて、県教育委員会は、処分を検討している。

引用:FNN

事故のあった場所について

地図にて、確認しました。

いわき市小名浜の県道ということですが、この鉄工所がどこにあるのかは分りませんでした。

事故を起こした職員について

氏 名 鈴木麗央機関士
年 齢 27歳
住 所 いわき市小名浜大原
職 業 海星高校職員

福島丸

この福島丸の機関士ということです。

立派な船ですね。

スポンサーリンク

この事件について

ちょっと考えられない事件ですね。

見て見ぬふりとは違い、一緒に飲んでるんですから次元が違います。

この職員と生徒は、9月から約2ヶ月間ハワイ沖での遠洋実習にでていたそうです。この実習の打ち上げが今回の事件となった訳です。

この職員が生徒を誘い、恐らく「一杯飲めや」という感じで勧めたのでしょうか?当然、生徒の方から、飲む訳がありませんよね?停学もんです!

ケガの状況

・腰の骨を折る重傷(16歳の生徒)

・額を打ち軽傷(17歳の生徒)

・肋骨にひびが入るケガ(職員)

スピードは60~70キロ出していたとのことです。

何で、高校生にダメだと分っていて酒を飲ませたのか?お酒を飲んだら車を運転してはダメだと分っていて運転したのか?

これは、悪い大人のお手本ですよ!

でも、17歳の生徒にとって27歳の職員は、何でも話せるアニキ的な存在だったかも知れません。2ヶ月も一緒に同じ船内で実習している訳ですから、普段話すことのできない悩みなどを打ち明けているくらいの仲だと思います。

けど、一線を越えちゃダメですね。

この事件について、職員も生徒もしっかり反省していただきたい。

ネットの反応

・個人で楽しい仲間、関係ができたかもしれないが…楽しかったかもしれないが…。
「自覚」が足りなさ過ぎですな

・色々ダメすぎてどこからツッコんでいいのか
懲戒解雇が妥当

・「大変申し訳なかった」というレベルの話ではない。
アンタ、まさかとは思うけど、負傷した生徒だけに
被害を与えたと思っていないか?

・生徒とコミュニケーションを深めるのは良いが、酒はマズイでしょ。

・腰の骨だけで済んだからまだいいけど
もし事故で生徒が死んでたらどうするつもりだったんだ。
責任取れない事するんじゃないよ仮にも学校職員だろアンタ・・

・呆れる、開いた口が塞がらない、思考回路が理解出来ない。
何百回、飲酒運転はダメと言っても頭に入らないおバカさん。

引用:時事通信

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする