人事異動の写真に死ねや呪って…書き込んだ警部補の処分と、その動機とは!?

処分を受けたのは、岐阜県内の警察署に勤める50代の男性警部補です。

第一報はこちら。

【岐阜県警・不祥事】人事異動の際に提供した写真データがヤバい!! 「○ね」や「○」の文字が... この写真の幹部って誰!?
報道機関に提供した幹部の写真データの一部に「死ね」「呪」の文字が写っていたことが、県警への取材でわかった。

概 要

岐阜県警が春の人事異動でマスコミ各社に配った

顔写真のデータに「呪」や「死ね」という文字を

書き込んだとして50代の男性警部補が戒告処分を

受けました。

書き込みは、写真の提供を受けたテレビ局からの

指摘で発覚し、その後の県警の調査で男性警部補が

2014年10月年ごろ、県警本部で仕事していた際に

パソコンのソフトで書き込んでいたことがわかったと

いうことです。

岐阜県警は、男性警部補を戒告の処分としました。

男性警部補は、岐阜県警の聞き取りに対し、

「恨みがあった」などと話していて、

19日付けで依願退職しました。

引用:東海テレビ

この事件について

・今回のニュースで分ったことは?

誰? 50代 男性警部補
いつ? 2014/10ごろ
処分は? 戒告
動機は? 恨みがあった
どうなった? 19日付 依願退職

確かにね、どこに行っても嫌な上司は居ますよ…

うちの会社なんて、パワハラはいけません!! ダメです!!

と言っている人が、パワハラ男ですからね。

そんな嫌な上司に、こんなことしたくなる気持ちは、

分ります。

2014年のことですから、バレない?とでも思ったので

しょうか?

けど、悪い事は必ずバレます。

実行に移したら負けです。結局、自分が依願退職をする

羽目になっちゃうんです。

悪いことがバレては、もう居場所もなくなります。

この場合、内部告発ではダメだったんでしょうか?

何か違ったカタチで訴える方法は無かったんでしょうか?

会社により、相談窓口や意見箱もあるはずです。

警察には無いか…

それにしても、恨みがあったとは?どんなことを、された

のか気になるところです。

再発防止も兼ねて、なぜこんな不祥事が起きてしまったのか、

その上司も、しっかり事情聴取して欲しいです。

パワハラ、ほんま勘弁して欲しいです。

ネットの反応

・もっと別な方法は無かったのかな?
やってはいけない…と言うけれど、やってしまう気持ちも分からなくはない。
余程の何かがあったのでしょうね。

・よほど恨みがあったんでしょうね?まだこれだけで済んだのが良かったのかもしれない。下手したら傷つけていたかもしれないから

・この幹部が相当な悪なのか? 処分された警官の逆恨みなのか?
双方の話が聞きたい人は多いのでは?

・パワハラなら司法や労基署、世間に認められるように動かないとダメでしょ?
これでは自分が悪者になって終わり

・いずれにせよ行動に移したらダメでしょ。
でも処分が甘いのは、やられた方も非がありそう。

・確かに、この上司が出世するの?っていうひどい言動の方っていますよね。50代の大人なら、やはり違う形で、パワハラを訴えたいですよね。

・書くということは、それなりの理由があるはず。
書かれた方は怒るのではなく、考えないといけない。

引用:東海テレビ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする