【続報】群馬県の防災ヘリコプター「はるな」が墜落!乗っていた9人全員の死亡。詳細はこちら!

群馬県の防災ヘリの墜落事故の詳細です。8月11日分の現在までの経過をまとめました。

スポンサーリンク

事故の続報8/11

05:05

10日、群馬県の防災ヘリコプターが墜落しましたが、これまでに乗っていた9人のうち、2人の死亡が確認されています。自衛隊などは11日午前、捜索を再開しました。

墜落した群馬県の防災ヘリ「はるな」には、群馬県の防災航空隊と消防隊員合わせて9人が乗っていました。

墜落した機体は10日午後になって山の中で見つかり、9人のうち2人は自衛隊のヘリで救助されましたが、その後、死亡が確認されました。残る7人の安否は分かっていません。

また、ヘリで救助にあたった航空自衛隊の隊員5人も連絡手段や食料などの装備を持たないまま、事故現場に取り残されているということです。

救助活動は夜通し行われる予定でしたが、夜は天候も悪く、事故現場まで300メートル付近まで近付いたものの、二次災害の恐れもあり、断念したということです。

引用:テレ朝NEWS

08:05

10日に群馬県の防災ヘリコプターが山中に墜落した事故で、自衛隊が新たに2人を救助しましたが、容体は不明です。この事故では、乗っていた9人のうちこれまでに2人の死亡が確認されています。

引用:テレ朝NEWS

10:13

新たに3人救助、容体不明。4人死亡の群馬・防災ヘリ墜落。群馬県。

11:15

新たに3人の死亡確認。死亡は7人に。群馬防災ヘリ墜落。群馬県。

11:45

群馬県の防災ヘリコプターが墜落した事故で、10日夜は中断していた救出活動が11日朝に再開され、これまでに7人の死亡が確認されました。

10日に墜落した群馬県の防災ヘリコプター「はるな」には、県の防災航空隊員と消防隊員の合わせて9人が乗っていました。

このうち5人が11日朝、自衛隊のヘリコプターで相次いで収容されました。

5人は近くの陸上自衛隊相馬原駐屯地に運ばれ、死亡が確認されています。

これまでに7人の死亡が確認され、残る2人について救出活動が続けられていますが、2人の容体は明らかになっていません。

収容された7人は近くの警察署に移され、今後、身元の確認が進められます。

引用:テレ朝NEWS

12:18

群馬県の防災ヘリコプターが墜落した事故で、自衛隊が現場から残る2人を救助しましたが、死亡が確認されました。これで、乗っていた9人全員の死亡が確認されたことになります。

引用:テレ朝NEWS

17:33

群馬県の防災ヘリが墜落した事故は、乗っていた9人全員の死亡が確認され、原因の調査が本格的に始まりました。

引用:テレ朝NEWS

スポンサーリンク

死亡が確認された方

引用:テレ朝NEWS

今回亡くなられた吾妻広域消防本部

・田村 研さん

・水出 陽介さん

この方たちは、今年1月に草津・白根山が噴火した時に山頂に取り残された人を救助する活動に携わっていました。

これから、この消防本部を背負って行く方々でもあり、非常にいい人材であることも聞きましたので、今回は残念で仕方ありません…

ご冥福をお祈りします。

今回の事故原因

現在、調査中ということですが、恐らく天候の急変、雲あるいは霧で視界が悪くなり戻ろうとしたが、高度が非常に高かったので木に引っかかって、そのまま墜落に至ったのではないかという。

ネットの反応

・何度も死亡事故を起こしていたヘリ会社が、
なぜ営業出来ていたのか素朴に疑問です。監督官庁の責任も重い。

・事故原因の究明を。。。
万が一にも整備不良であった場合はとんでもない事。

・ご本人、ご家族のことを思うと胸が痛みます。
小さなお子様をもつパパもいたのではないでしょうか。
本当に辛い事故です。

・これは貴重な人材を一気に失って地域社会に大きな損失でしょう。ほとんどの方々が40代で精鋭の極みだったと思います。勿論年齢が上の方も上司として優れていたと思うので辛い。御遺族…特にお子さん達が悲しみます。

・メリカのオスプレイを批判できないよ
国内ヘリよく墜落しているし
よその国の批判する前に自国のヘリの安全の徹底を
すべきなのではないか。

・最悪の結末で、これで真相は闇の中。
航空事故は厳しいです。
ご冥福をお祈りします。

引用:YAHOO!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする