【鹿児島・平川動物公園】飼育員の男性がホワイトタイガーに襲われ死亡!ベテラン飼育員がなぜ…

8日午後5時すぎ、平川動物公園から「男性職員がおりの中で動物にかまれた」と119番通報がありました。

※10/09 更新:男性職員は亡くなられました。ご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク



事故の概要

8日夕方、鹿児島市の平川動物公園で飼育員の男性がホワイトタイガーに襲われ、病院に搬送されました。飼育員は搬送時、心肺停止の状態だったということです。

鹿児島市消防局によりますと、8日午後5時すぎ、平川動物公園から「男性職員がおりの中で動物にかまれた」と119番通報がありました。

消防が駆けつけたところ、40歳の飼育員の男性がホワイトタイガーのおりの中で首から血を流して倒れていて、病院に搬送される際、心肺停止の状態だったということです。

平川動物公園では4頭のホワイトタイガーが飼育されていて、飼育員をかんだとみられるホワイトタイガーは消防が到着した際、麻酔銃で眠らせていたということです。

引用:TBSNEWS

事件のあった場所について

地図にて確認しました。

平川動物公園

引用:http://hirakawazoo.jp/

引用:http://hirakawazoo.jp/

引用:http://hirakawazoo.jp/

この動物公園には、ホワイトタイガーが4頭いるようです。こんなトラが襲ってきたら、怖いでしょう。

スポンサーリンク

ホワイトタイガーについて

ホワイトタイガーはネパールからインド、インドシナに生息するベンガルトラの白変種で、しばしばこのような固体が生まれる。
しかし、全身は白いが、普通は黒い縞が残っている。
また、完全な白色種になると縞もなくなってしまい、まったくのホワイトタイガーが稀に見られる。

ホワイトタイガーを含むベンガルトラは、アムールトラと同じく比較的大型のトラで、インドやネパール、バングラディシュなどに生息している。

引用:https://pz-garden.stardust31.com/syokuniku-moku/neko-ka/white-tiger.html

学 名 Panthera tigris tigris
英 名 White Tiger
分布域 ネパールからインド、インドシナ
生息環境 主に森林地帯
体 長 雄で230~300cm 、雌では180~230cm 前後
尾 長 雄で100~140m、雌で90~110cm 程度
体 重 雄で180~230kg 、雌で90~180kg 程度

ネットの反応

・トラも何らかのストレスを感じていたのでしょう。
飼育員は命懸けの仕事ですね。

・それは本能的に小動物でしか無い人間に飛び掛かればひと嚙みで終わるでしょう。作業手順に問題か柵の安全面か…。猛獣に馴れが出てはいけない。

・猛獣は急所の首とか狙ってくるから咬まれたら終わりだよね

・なにか理由があってオリの中に入ってしまったんだろうけど 職員とトラ 両方にとって不幸なことが起きてしまった。
どうか職員のかたの命が助かりますように。
トラは殺処分になってしまうのかな…居たたまれない。

・どんな環境かわからないが、狭い檻にずっと入れてたら、虎さん相当ストレスだよ、せめてサファリパーク並にしてあげないと

・職員を噛んだというホワイトタイガーを、殺処分するのはやめて。
元々、野生で暮らすべき動物達を日本に連れてきて、檻の中で人の目にさらされる生活を強いる方がひどい。
人間が一番偉いわけじゃない。野生動物は野生に戻すべき。

引用:TBSNEWS

まとめ

・今回の事件については、飼育員が心肺停止ということなので、心肺です。どうか、助かってほしいです。

しかし40歳代の飼育員ということですから、素人の方ではなくトラの扱いにも慣れている方だと思います。

普段は、乱暴なことしないホワイトタイガーが、なぜ飼育員の首を噛んでしまったのだろう。

やはり毎日、狭い檻の中で生活しているので、それがストレスになっているのかも知れませんね。

私の近くには、姫路セントラルパークがあり、何度か車で入ったことはあります。特に襲ってくることもなく、広い土地でのんびり暮らしているように見えました。

やはり、動物は檻の中や鎖で繋がれることなく、のびのびとさせて欲しい。

沢山のコメントを読みましたが、ホワイトタイガーを責める意見は少なかったです。家族や同僚は、ホワイトタイガーを憎んでいるかも知れませんが、殺処分するのはやめていただきたい。

人間に対して、どれだけの信頼度があったかは分りませんが、自分を守るために相手の首を噛むということは、動物にとって当たり前の行動だからです…

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする