速報!今回の地震の名称は「平成30年北海道胆振東部地震」に!最新情報です!

過去6時間以内に入った最新情報を、まとめてお伝えします。

スポンサーリンク

速報!

9月6日15:00 名称「平成30年北海道胆振東部地震」に

6日未明に北海道・胆振地方中東部で発生したマグニチュード6.7の地震について、気象庁は震度のデータが送られてこなかった厚真町と、むかわ町の震度データを分析した結果、厚真町鹿沼で震度7に相当する揺れを観測したと認め、この地震の最大震度を6強から7に更新しました。

国内で震度7の激しい揺れを観測したのは、阪神・淡路大震災、新潟県中越地震、東日本大震災、熊本地震の2回に次いで6回目となります。

引用:TBSNEWS

9月6日19:00  死者が9名に。

北海道で最大震度7を記録した地震の人的被害について、政府は9人の死亡を確認したとしています。

「9名の方が亡くなられ、厚真町を中心に安否不明者が多数にのぼっているほか、多数の家屋倒壊や土砂崩れを確認している」(安倍首相)

夕方開かれた地震災害に関する関係閣僚会議で安倍総理は被害状況について、このように述べ、自衛隊、警察、消防などの部隊が救命救助活動を行っていると強調しました。

また、道内の全域で深刻となっている停電については、発電所の復旧作業を行い、7日朝までに100万世帯への供給再開を目指す考えを示しました。

引用:TBSNEWS

9月6日19:00 停電、旭川や室蘭の一部34万戸で解消

経済産業省は6日未明から北海道の全域で発生していたおよそ295万戸の停電のうち、旭川市や室蘭市などおよそ34万戸で停電が解消されたと発表しました。

依然として、およそ261万戸で停電が続いています。

引用:TBSNEWS

9月6日20:00 災害派遣態勢7日までに2万4千人に増強

防衛省は北海道・胆振東部地震への災害派遣態勢を、7日までに2万4000人へ増強する方針を示しました。

自衛隊は北海道知事からの災害派遣要請を受けて、陸海空あわせておよそ4900人態勢で人命救助や給水支援活動を行っていて、これまでに10人を救助したということです。

山本防衛副大臣は6日夜、記者団に対し、7日までに態勢を2万4000人、9日までには2万5000人へ増強する方針を示しました。電力復旧の支援として、発電機を動かすための燃料も7日、北海道に着くよう輸送するということです。

また、防衛省は災害対応を優先するため、10日から北海道の各演習場で予定していたアメリカ海兵隊との共同訓練を中止すると発表しました。この訓練では、アメリカ海兵隊のオスプレイが沖縄から参加し、帯広駐屯地を中心に活動する予定となっていました。

引用:TBSNEWS

スポンサーリンク

今回の地震について

今回の地震の最大震度は7で国内でも過去に6回しかないということです。

私も、朝のニュースをみてびっくり!北海道の全道295万世帯が停電なんて過去にあったでしょうか?これだけでも今回の地震の大きかったことが分ります。

そして死者の数が9名。でも行方不明者が多いので、これから死者は増えるのではないでしょうか?

特に被害(不明者31名)が多いのが、厚真町です。ここが震源地に近い場所です。

地図での場所はこちらです!

地図で確認すると、民家は少ないように思えます。平地が少なく山が多いことから、山崩れ等の被害が多く不明者も多いのではと思います。

電力については、今現在295万世帯の内の34万世帯が復旧したということです。

7日の朝までに100万世帯の復旧の見込みです。

復旧作業に携わっておられる方は、昼夜を問わずの作業になりますが、どうが安全に気をつけていただきたいと思います・

さて今年の自然災害はホント多過ぎます。西日本豪雨から始まり…どうしたんだ日本?と言いたくなります。

こんな状況でオリンピックどころではありませんね?先ずは水害、台風、地震の被害者が普通に暮らせるまで復興支援の方が先だと思います。

被災された方には、くじけないで心を強く持って欲しいです、また不明の方も無事であって欲しいです。

今回、亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、一日も早い復興をお祈りいたします。

また、新しい情報が入りましたら追記いたします。

ネットの反応

・停電の状態で外部と連絡手段も無い方々の夜はとても不安だと思うけど頑張ってほしい。

・北海道の者です。いま現在、外は明かり一つなく真っ暗な状態です。幸いガスと水道は通っているので、なんとか過ごせています。こういうコメント欄での全国の方からの励ましのお言葉、かなりありがたいです。ありがとうございます!!

・関東在住だけど、いつも思うけど他の地方で震災や大規模自然災害などかあっても夜の時間にはバラエティー番組をやっていることに違和感を感じる。しょうがないのかなあ?

・熊本地震被災者です。
夜中の震度7、あの2年半前を思い出します。

あの時は震度7の後も震度5クラスの余震が夜中ずっと続き、裸足で壊れた家を飛び出してまるで映画のような信じられなさに呆然としたものです。

泣きながら車のなかで過ごしました。
しかし2年半経ち、熊本は立ち直りつつあります。どうなっていくんだろうと不安で覆われたあの時から、今ではほぼ地震前の日常を取り戻しました。

北海道のみなさん、必ず日常は戻ってきます。

経験した私が断言します。どうか、心を切らさないように…。体調やケガにはくれぐれも気を付けてください!

・思いがけぬ大惨事に言葉が見つからない。
地震を完全に避けることは出来ないかもしれないが意識は変えられる。
危機感を持つことで、平和慣れした日常に今から出来る備えを。

引用:FNN

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする