【茨城県・小美玉市】住宅に一家3人の遺体 妻の病気に悩み無理心中?しかし、なぜ娘までも犠牲に!?

20歳の長女を含む一家3人が住宅で死亡。夫が2人を殺害して自殺か!!!

スポンサーリンク

事件の概要

29日午前10時前、茨城県小美玉市の小橋正春さん(52)の住宅を訪ねた親族が首をつった状態の小橋さんを見つけました。

近くには妻の久美子さん(47)と会社員で長女の絵美さん(20)が胸などから血を流して倒れていて、3人ともすでに死亡していました。

玄関には鍵が掛けられていて、正春さんの近くからは包丁のような刃物が見つかったということです。付近の住民によりますと、小橋さんは妻の久美子さんの病気について悩んでいたということです。

警察は3人が死亡した経緯について詳しく調べています。

引用:テレ朝news

事故の現場について

地図にて調べてみました。

今回は、情報量が少なく広範囲となりました。

死亡した家族について

名前:小橋正春さん(父)

年齢:52歳

状態:首をつった状態


名前:小橋久美子さん(母)

年齢:47歳

状態:胸などから血を流して倒れている。


名前:小橋絵美さん(娘)

年齢:20歳

状態:胸などから血を流して倒れている。

スポンサーリンク

この事件について

お母さんが病気だったので、辛かったのかなあ。

お父さんについても、気持ちは分らなくはないですよ。私も今、同じ状況ですから。

私の場合は、母が80歳で一人で生活出来ません。施設に入ったり病院へ入院したりと大変です。施設に入っていてもいつ高熱が出るか不安な毎日。

自宅にも、帰ってきますが介護が大変で、何より毎月、施設や医療費の赤字。やはり兄弟の間でも、もめたり、ケンカになることも…

バチ当たりで叱られるかも知れませんが、サラリーマンをしながらの介護に疲れて心の中では「早く死んで欲しい」って思うこともあります。

81歳の父も、もう疲れ果てています。もう介護は無理って言っています。恐らく、正春さんも同じ想いだったかも知れません。

しかし、未来ある子供の人生を親が奪う権利は無いです。なぜ20歳の絵美さんが犠牲となったのかが気になります。

原因が無理心中か何かは分りませんが、社会を中心として考え、選択肢が無くなり死を選んでしまったのか?(医療費・介護費など)

でも逆の考えで自分を中心として考え、どんな生活が出来るか?どこでなら生活が出来るか?当然ですが今の生活がベストとは限らないですよね?

今の生活を維持しなくてはならないこともないです。

治療方法にしても、セカンドピニオンがありますし、お金の問題にしても、必ず解決策はあります。そこを、誰かに相談して欲しかったと思います。

ネットの反応

・現世の苦しみから逃れる為に自殺したと思いますがおそらく、死後の方が現世よりも遥かに、とてつもなく苦しくなると思います。

・日本の子供達が朝ニュースを見て、1つでもいいから「今日も楽しい!」ってニュースが流れる日本になる事を祈る。

・心中って言葉嫌い。
家族による悲惨な殺人事件なのに、何だか犯人まで可哀想、って美化している気がするから。

・気だったのか、借金があったのか
いずれにしても奥さんと成人した娘さんまで道連れにするのはあまりにも身勝手

引用:NNN

黄色いマーカーの部分、本当にその通りなんですよ。

最近、死後の世界で地獄に行く人の割合がとても多いんです。それは、あの世に地獄なんて無いって思っている人が多いからです。ちなみに、あの世では自ら命を絶つ自殺も罪が重いんです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする