【沖縄・糸満市】小学生の娘が母親の首を包丁で切りつける!! なぜ?この事件の原因とは?

11日夜、小学生の娘が母親の首を包丁で切りつけ、殺害しようとしたとして補導された。

概要

警察は、児童相談所に通告した。

警察によると、11日午後11時半ごろ、沖縄・糸満市の住宅で

「小学生の娘が母親の首を包丁で刺した」と、

同じ家に住む親族が消防に通報した。

病院に搬送された母親の意識はあり、命に別条はない。

警察によると、当時、娘は寝室で横になっていた母親に

包丁で切りつけたという。

娘は、母親を刺したことを認めていて、警察は、

児童相談所に通告した。

警察によると、これまでに家庭内でのトラブルは

確認されていないということで、

警察がくわしい経緯を調べている。

引用:FNN

事件あった場所について

地図にて確認しました。

沖縄・糸満市の住宅ということです。

この事件について

今回は、とても信じがたい事件がありました。

小学生の娘が母親の首を包丁で切りつけるという、とても

考えられない事件です。

小学生の子どもといえば、まだまだお母さんには甘えたい

時だと思います。

そんな娘がなぜ、こんな事件を起こしてしまったのでしょうか?

警察の調べによっても、家庭内でのトラブルは無いようです。

しかしながら、小学生の娘に殺意を抱かせる親の方にも、

問題があるのだと思います。

また学校や友達関係で問題が起きても、家庭は最後の逃げ場でも

あるため、その家庭が、そういう位置づけにならない家庭というのも、

問題です。

今回の事件の原因は、これからの調査になると思いますが、

複雑な家庭の事情があったんでしょうね。

最近は、親が子を殺したり、子が親を切りつけたりと、なんだか

おかしな世の中になってきました。

スポンサーリンク

ネットの反応

●優しくて子どもを愛し、子どもを大切にする母親。

それなら親を普通は殺そうとはしない。

よほどの事情があったのだと思う。

●小学生が親に斬りつけるなんて普通の状態じゃない。

よほど何か深い事情があると思う。

児相はこの子の話を真摯に聞いて対処して欲しい。

もしかしたらこの女児の方が犠牲になってたかもしれない。

●まあ普通に考えてここに至るまでの親子関係は

良好ではなかったんだろうと思う。

連日報道されてた千葉の事件に影響されたのかもしれない。

●家庭の事情があるけど、してはいけない事をしたのだから

罪を償わないといけない。

子供だから、と甘やかしてはいけないと思う。

●まだ詳細が分からないので色んなケースが考えられますね。

虐待に耐え兼ねて思いつめた結果なのか、

精神異常で興味本位の可能性なのか。

どちらにしても子供側のメンタルケアは必要だと思う。

母親が無事でよかった。

引用:FNN

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 滝口悟 より:

    子供(ガキ)が実の母親を殺害するとは、
    少年法は甘すぎる。
    成人と同じく法律を厳しく重くするべき。