【大阪府和泉市】医師・坂口一朗容疑者を逮捕!酒気帯び運転で事故!女性をひき逃げした疑いも!?

57歳の医師の男が飲酒運転して事故を起こし女性にけがをさせ逃げたとして逮捕!

スポンサーリンク
 

事件の概要

ひき逃げなどの疑いで逮捕されたのは、和泉市の医師・坂口一朗容疑者(57)です。警察によりますと、坂口容疑者は4日午後6時15分ごろ和泉市いぶき野の交差点近くで、酒気帯びの状態で車を運転し中央分離帯に乗り上げ信号待ちをしていた対向車2台に衝突、

そのうちの1台を運転していた女性(47)にけがをさせたにもかかわらず、そのまま逃走した疑いがもたれています。女性は右腕に軽傷です。

坂口容疑者は約1時間後に妻に付き添われて警察署に出頭したということで、取り調べに対し、酒を飲んで車を運転したことを認めていますが、「車にぶつけた認識はない」と容疑を一部否認しているということです。

引用:MBS

スポンサーリンク

事件のあった場所について

地図にて確認しました。

和泉市いぶき野の交差点近くということです。

更に調べてみたところ、いぶき野大橋東の交差点のようです。

この画像では、中央分離帯に丸いオレンジ色の反射板?がありますが、今回の事故でしょうか?これがニュースの映像では、無くなっていますね。

容疑者について

氏 名 坂口一朗(さかぐち いちろう)容疑者
年 齢 57歳
住 所 不詳
職 業 医師

ひき逃げなどの疑い。

一部、容疑を否認している。

スポンサーリンク

この事件について

いやあ、最近は毎日、飲酒運転の事故の記事を書いているような気がします…

なかなか、減りませんね。

今回は、容疑者が酒気帯びの状態で車を運転し中央分離帯に乗り上げ信号待ちをしていた対向車2台に衝突したということです。

地図で確認した限りでは、右折しようとして(右折レーンへ進路変更?)中央分離帯にぶつかったようです。

中央分離帯に乗り上げ、止まれなかったのは、ある程度のスピードが出ていたのでしょうか?対向車線に止まっている車までは、大分距離はあるが、アルコールにより、ブレーキのタイミングが遅れたのだろうか?

実際には、2台の車に衝突しているようですが、当たった認識がないとのことです。けど、追突された方は、お酒も飲んでませんから、信憑性から考えると、どうしても容疑者の意見は不利となります。

これは、現場検証と車を確認すれば、一発で判ります。

また情報が入りましたら、追記いたします。

ネットの反応

・医師なのに救護もしないで、逃げるなんて。
本人は自業自得ですが、奥様は常識のある方のようですね。
説得をして付き添って出頭されたのでしょうね。

・医師として、失格だと思う。飲酒運転、減らないよね。もっと厳しい処罰にするべきかも。

・病人やケガ人を助ける立場の医師が被害者にケガを負わせて逃げたなら完全にアウトでしょ
運転免許だけじゃなく医師免許も剥奪でしょ

・ここ最近、役職ある人の飲酒運転などが多いな。いくら年末年始でも、もっと厳しく職場で指導した方がよいのかも。パトロールなど警察も動いて欲しい。

・医者は人を助けないのか
金ある人間は何をしてもいいのか?

・何で飲酒運転が無くならないのでしょうかね?
そこんところを考えないと!

・車にぶつけた認識はないくらい、酔ってたんですね。

・また、医者ですか~人を助ける側でしたら自己管理しっかりしないとね!

・いい歳して何をやってんだか。
医師である前に、「人」として成長して下さい。
やった事、言い訳、奥さんと出頭。
全てがガキです。

引用:MBS

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 大坂 次郎 より:

    奥さんは薬剤師。オヤジは歯科医。甘やかされて育った結果、医師のくせに人命軽視。運転免許剥奪、医師免許剥奪でしか社会に償えないでしょう!