【神奈川県】小学6年生の女子児童の裸の写真を撮影したとして、目次伸行容疑者を逮捕!犯行は、これだけではなかった!!

小学6年生の女の子のわいせつな写真を撮影したとして、32歳の男が警視庁に逮捕されました。

スポンサーリンク

事件の概要

逮捕されたのは、神奈川県海老名市のアルバイト・目次伸行容疑者(32)で、今年6月、川崎市のホテルで小学6年生の女子児童(当時11)が18歳未満であることを知りながら、裸の写真を撮影した疑いがもたれています。

目次容疑者はSNSを通じて女子児童と知りあい、自宅からはこの女子児童の下半身を撮影した写真が複数見つかったということです。

目次容疑者は容疑を認めているということですが、自宅からは他にもわいせつな写真や動画が見つかっていて、警視庁は余罪についても調べを進めています。

引用:JNN

事件の場所について

地図にて、確認しました。

場所は、川崎市内のホテルということです。

犯人について

氏 名 目次伸行(めつぎ のぶゆき)
年 齢 32歳
住 所 神奈川県海老名市
職 業 アルバイト
容 疑 裸の写真を撮影した疑い

スポンサーリンク

この事件について

私の小学校時代には、異性と知り合うきっかけなどは、ありませんでしたね。中学生になれば、車の雑誌の文通コーナーに載っている女の子に片っ端から手紙を送ったもんです。笑

ヤングオートという雑誌ですね。(なつかしい…)

手紙を出しても、なかなか返事は来ませんけどね。

あれから30年、今では小学生でもSNSを利用して、カンタンに知り合うことが出来る!便利になったもんですが、このようなネットで知り合ってすぐに逢って事件が起こるというケースが多いと思います。

ネットの意見でも、多いですが小学生や中学生のスマホやネットの利用制限が本当に必要になって来たように思います。

特にSNSでの問題は、イジメです。私の子供の同級生でも、○○君が、LINEで悪口言ったや、言ってないだの、そんな話が非常に多いと聞きます。

今回の事件ですが、知り合った後でホテルとは、同意の元だったんでしょうか?だとすると、容疑者も悪いが、女子児童も悪いです。当然、親にも責任があります。

容疑者のパソコンからは、他にも画像が見つかっていることから、余罪もあるでしょう。

しかし、画像がネットて出てしまえば、なかなか消せないこともあります。そういう被害者も実際にいます。

そうならない為にも、国の思い切った規制が必要だと思います。やはり学校では禁止!だけじゃダメなんです。

SNS側も、こういったことが起こらぬよう何かしら手をうってほしいです。

ネットの反応

・小学生の子どもにSNSをさせる親にも重大な責任があると思うが。

・小学生のスマホはネット閲覧やSNSを出来ないようにするべきだね。親子間の通話とGPSだけで十分だよ。

・合意の上での撮影ならこの子の家庭環境や他の周りの環境に問題あるでしょ。
この年からこんなことやってたらろくな大人にならない。

・ん?脅されたか無理矢理なのかとおもったけど小6が自分でホテルに行ったのかい!そりゃあそっちも厳重注意しないと。

・男が悪い。
でも、女も悪い。
自業自得だけど、年齢考えると親の責任がとても重い。

・中学生から唾液を買った会社役員は名前もでなかったし、中学生とセックスした警察官も名前出なかった。アルバイトだからなのか小学生と相手なのか名前が出る基準がわかりません。

・こんだけSNSがらみの事件が多くなってきたんだから
未成年のSNS使用を法律で制限するべきですよ!

引用:JNN

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする