松原孝大さんが作業車の下敷きに!! なぜ、止まっている車が動きだしたのか!?【金沢市】

除草作業をしていた松原さんが、作業車の下敷きになり死亡が確認された。

概要

坂道に止められていた車が突然、動き出したということです。

8日午前10時40分ごろ、金沢市で市から委託を受けて

除草をしていた松原孝大さん(19)が作業車の下敷きになりました。

松原さんは病院に搬送されましたが、まもなく死亡が確認されました。

現場は細い路地に入った坂道で、事故当時、数人の作業員が

坂道の途中に3台の作業車を止めて除草をしていたところ、

そのうちの1台が何らかの原因で動き出したということです。

引用:ANN

事故が起きた場所について

地図にて確認しました。

現場は、金沢市本多町2丁目ということです。

この事故について

今回は、除草作業車の下敷きになり、19歳男性の松原さんが

亡くなられました。

まだまだ若いし、これから人生を楽しむ時だと思います。

こちらの方は、彼女さんでしょうか?

突然のことで、まだ現実が受け止められていないと思います。

こちらは、友人の方でしょうね。

拡散希望と書いてありますので、知り合いの方は、出来るだけ沢山の方に

知らせてあげてください。

さて今回は、止まっている車がなぜ動きだしたのか?

この原因を、はっきりしておかないと、また再発してしまいます。

原因の一つとしてミッションギアがニュートラルの位置であった

ことが考えられます。

そして、サイドブレーキが甘かったことが、考えられます。

作業車の草を積んで、重くなってたのではないでしょうか。

二つ目は、歯止めの忘れです。

作業車で坂道に停車しているなら、歯止めは必ず必要です。

この歯止めを、ちゃんとしていたら、車が動くことは

まずありません。

車の停車方法は、教習所で習いましたよね?

上り坂でのギア位置は、1速の位置。

下り坂でのギア位置は、Rの位置。

サイドブレーキは、しっかり引いておく。そして、歯止めを

確実に行うです。

本当に若い人の命が失われるのは、悲しいです。もうこんな

事故が起きないよう、再度、指導と徹底を、お願いします。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする