【川崎市多摩区】金井達基容疑者、銃で撃たれて死のうと思った。でも、その行動が生きていたいじゃん!

神奈川・川崎市で、包丁を持った男が交番に現れ、現行犯逮捕された。

スポンサーリンク

事件の概要

19日午後9時半ごろ、川崎市多摩区の生田交番で、包丁を机の上に置いて座っている男を、パトロールから戻ってきた警察官2人が見つけ、銃刀法違反の現行犯で逮捕した。

逮捕されたのは、近所に住むアルバイト店員の金井達基容疑者(22)で、包丁は自宅から持ち出したものとみられていて、調べに対して、「警察官を脅して、拳銃で撃ってもらって死のうと思った」

「テレビのニュースで仙台の事件を知った。交番を襲おうとしたが、警察官が来たので、包丁を机の上に置いた」と供述している。

引用:ホウドウキョク

犯人について
名前 金井達基
年齢 22歳
職業 アルバイト店員
住所 川崎市多摩区

顔画像等は、公開されていません。

事件のあった場所について

近くには、保育園や小学校も…

今日は、先生も早く出勤されたのでは?ものすごーく他の人に迷惑がかかっています。

スポンサーリンク

この事件について
ニュースを見ていると容疑者の行動って、おかしいですよね?
「警察官を脅して、拳銃で撃ってもらって死のうと思った」
のに対して、
「交番を襲おうとしたが、警察官が来たので、包丁を机の上に置いた」
といことですが、これでは撃たれることもありませんし、死ぬこともありません。
これは、容疑者の心の中に”生き続けたい”気持ちがある現れです。
では、動機は何なのか?
これは、死にたいという気持ちを、大きな事件にして誰かに訴えたかったのでは?と思います。
それは、仕事なのか家族か?友人関係かは分りませんが。
私には、元々死ぬ気がないにしか見えません。
けど、ホント死ななくて良かった。人間、生きていれば辛いこともあります。私だって49年間生きて、何度死にたいと思ったことか。
でも、今、死ぬほど辛いかも知れませんが、生きてて良かったと思える日が、いつかきっと来ますよ。
命は一つ、人生も一回だけ。けど、やり直しは出来ます。まだ若いんだから頑張ってください。
ネットの反応
・その行動力があるなら人生は変えられるろうに。
・とりあえず誰も傷つけないでよかった。
罪を償って頑張って生きていってほしい。
・こういうの増えそう。
・死ぬつもりで交番襲撃に行って、警官来たから、刃物を机の上に置いて逮捕・・・・意味不明なんですが。
・度胸があるのかないのか…そんな事するんなら働いてくれ。死ぬ気になればなんでも出来るだろ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする