【川崎市・死亡事故】男子大学生が車にひかれて死亡!! 運転手の岡崎玄容疑者を逮捕!! 酒気帯び運転での出勤途中か!?

19日未明、神奈川県川崎市の国道で男子大学生が車にひかれ、死亡しました。

スポンサーリンク

概要

警察は、運転していた45歳の男を酒気帯び運転などの疑いで逮捕しました。

午前4時半すぎ、川崎市川崎区の国道で「車と歩行者の事故です。男性が頭から出血しています」と119番通報がありました。

警察官が駆けつけたところ、大学2年生の男性(19)が倒れていて、病院に運ばれましたが死亡が確認されました。

男性は車にはねられていて、警察は運転していた市内に住む自称会社員・岡崎玄容疑者(45)を酒気帯び運転などの疑いで現行犯逮捕しました。

取り調べに対して、岡崎容疑者は「自宅で酒を飲み、事故を起こした」などと、容疑を認めているということです。

引用:TBSNEWS

事件のあった場所について

地図にて確認しました。

川崎市川崎区藤崎の国道132号線と思われます。

容疑者について

氏 名 岡崎玄(おかざき げん)
年 齢 45歳
住 所 宮前区野川
職 業 会社員

酒気帯び運転などの疑い。

容疑を認めている。

スポンサーリンク

この事件について

また飲酒運転か!とうくらい、飲酒の死亡事故がありますね…

今回の事件は、横断歩道での事故では、ないようです。

他のニュースでは、

死亡した男性は歩道ではなく第1車線上に立っていたとの目撃者の証言もあり

引用:産経新聞

これが本当だとしたら、ひかれた19歳の大学生は、何で立っていたのでしょうか?しかも、朝の4時半です。

1/22 追記

道路に立っていた理由は、タクシーを拾う為に車道に、少し出ていたということです。

そうですね、路肩で手を挙げても、タクシーは気づいてくれないと思います。

それと、もう一つ。

岡崎容疑者は昨晩、自宅で酒を飲んでおり事故当時は出勤途中だったという。

引用:産経新聞

この時間に出勤ということは、朝の5時から仕事なんでしょうか?しかし、前日は、遅くまでお酒を飲んでいたんでしょうね。そして少し寝てから出勤といことですから、酔いが覚めずにまた眠たいまま車を運転していたんでしょうね。

そんな状態では、人が立っていても気がつくのが遅れるでしょう。

この事件に関しては、もう少し情報が欲しいところですが、被害者が亡くなっているので、原因の特定は難しいと思います。

しかし、子供をひかれた親御さんは、悔しい気持ちでいっぱいだと思います。また人口減少の日本でこういう事故で若者が亡くなっていくのは残念です。

ご冥福をお祈りいたします。

ネットの反応

・いつまでたっても絶えない飲酒運転絡みの事故。
もう、飲酒運転して死亡事故起きたら殺人罪扱いにできるようにするべきでは? 自分の意思で飲酒してハンドル握ってるんだから。 遺族は許せないと思いますよ。

・車内備え付けのアルコールチェッカーで検査をしないと車が作動しない仕組みを法律で作るべき。当然酒気帯びだと車は動かない。こういう仕組みはできるはずです。

・これだけ飲酒運転が問題になってるのに 減るどころか増えてるよね?
酒気帯び 飲酒はもっと厳しい罪にした方がいいよ。

・飲酒運転はもっと厳しくするべきです。免許取り消しにするとか永久に免許与えないとかそれぐらい厳しくしないと減らないでしょう!

・3車線道路の中央から第一車線に移動する時に第一車線を歩いていた人をはねたらしい。どの位置を歩いていたのだろう。酒は論外だが全く人ごとではない事故だ。

・若い命を奪った代償は大きい
このようなニュースが毎日のように報道されているがこの加害者はどういう気持ちで記事を目にしていたのだろうか?

・映像からの推測なんですが片側二車線の道路を歩行者は横断歩道でもないのにどうして車道にいたのだろうか?
飲酒はもちろんいけませんがね。

引用:TBSNEWS

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 被害者の身内 より:

    タクシーを拾う為に車道に、少し出ていたのです。

    タクシーを拾う時は、少しタクシーに気付いて貰う為に、タクシーから見える位置で手を上げて拾いますよね。

    引いた車は、中央の車線から、そのタイミングで、歩道側に寄って来て、どうやら
    引いてしまった様です。

    アルコールの摂取が無ければ、人に気が付けた筈です。

    自分の力を過信した結果、長男を亡くした遺族の気持ち、分かりますか?

    3月に20歳になる、ご子息を亡くした遺族の気持ちご理解下さい。

    車道に意味も無く立っていた訳じゃ無い。