【協英産業・研磨事故】60代の男性が研磨機に体を挟まれ死亡!! この事故原因とは?

金属加工会社「協英産業」で、60歳代ぐらいの男性作業員が機械に体を挟まれ死亡しました。

概要

警察によると、男性が金属を研磨する機械に体を

挟まれているのを別の作業員が見つけ、

119番通報したといいます。

救急隊員が現場に駆けつけ、

その場で男性の死亡が確認されました。

警察は事故の詳しい原因を調べるとともに、

男性の身元の確認を急いでいます。

引用:CHUKYO TV

事故があった場所について

地図にて確認しました。

愛知県西尾市吉良町の金属加工会社「協英産業」です。

この事故について

私が勤めている会社にも、研磨機があるので決して

対岸の火事ではありません。

まだ事故というのは、ありませんが旋盤や円筒研磨機、

平面研削盤など、回転物は本当に怖いです。

研磨機の事故では、数年前に回転している人間の大きさくらいの

砥石が割れて、作業者に当たり亡くなられた事故も

ありました。

ただ私の会社にある研磨機は、okamotoの小さい研磨機で

人が挟まるような物ではありません。

実際に人が挟まれる研磨機って、どんな研磨機なんでしょうか?

私には、想像がつきません…

また、亡くなられた方は60代ということですから、かなりの

ベテランだと思います。

私の会社でもそうなんですが、慣れれば慣れるほど、危険な作業でも

慎重さが無くなってしまうんですよね。

確認作業を怠って、機械をワークに当ててしまい破損させることも

あります。

とにかく、事故が起きないよう、会社には手順書やマニュアルが

あるはずです。それを、しっかり遵守して安全作業を心がけて

いただきたいです。

引用:http://anzeninfo.mhlw.go.jp/anzen_pg/sai_det.aspx?joho_no=101224

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

ネットの反応

・60代と言えばベテラン、何故そんな事故が起きてしまったのか知りたい、亡くなった方も痛みを受け、遺族の方も心に痛みを受けたと思う、お悔やみ申し上げます、

・痛ましい労働災害です。
謹んでお悔やみ申し上げます。
大手企業以外は安全管理が不十分なのが実態です。労働基準監督署は抜き打ちで査察するなどして監視しないとこういう事故は無くならないと思います。

・痛ましい、事故ですね。亡くなった方にお悔やみ申し上げます。

・痛い…

・身元の確認を急ぐってその会社の作業員なんだからすぐわかるでしょ

・60歳代ぐらいの男性作業員って、工場で働いてる人の年齢、あんまり把握できてないのかな。

・これも人手不足の代償か。大抵の募集は契約社員や派遣社員。募集はかけるが人は来ない。そして責任は全て現場に押しやられ。そりゃ賃金の安い、契約社員や派遣社員、ましてや3Kの工場には好き好んで行かない。

引用:CHUKYO TV

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする