【北九州市・折尾病院】またか!男性がアクセルとブレーキを間違え、軽乗用車でエントランスホールに飛び込む!これで3日連チャンだよ!!

27日午前、北九州市八幡西区の病院に軽乗用車が突っ込む事故がありました。

スポンサーリンク

事故の概要

◆記者リポート
「八幡西区の折尾病院です。車がガラスを突き破り病院内に突っ込んだ状態で止まっています。車の前には椅子らしきものも確認できます」

警察によりますと27日午前10時過ぎ、北九州市八幡西区本城の折尾病院から、「エントランスに車が突っ込んだ」と通報がありました。

事故を起こしたのは66歳の男性が運転する軽乗用車で、ガラス張りのエントランスホールに飛び込んだ後、壁に衝突して止まったということです。

当時、病院は診療中でしたがエントランス付近に人はおらず、車に乗っていた男性と、その妻にもけがはありませんでした。

男性は病院に勤める妻を送りに来ていたということで、調べに対し「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」と話しています。

福岡県内では25日、福岡市東区でも病院に車が突っ込む事故があったほか、26日も福岡空港でタクシーが歩道を暴走する事故がありました。

いずれの事故も運転していたのは高齢の男性で、アクセルとブレーキの踏み間違いなど運転操作のミスが原因とみられています。

引用:TNC

事故のあった場所について

地図にて確認しました。

北九州市八幡西区本城の折尾病院で事故は起きました。

スポンサーリンク

この事故について

ここ3日間で65歳以上が運転する車で、アクセルとブレーキを間違え事故を起こす事件が立て続けに起きています。

両足(右足がアクセル、左足がブレーキ)で、踏むなら間違える可能性がありますが、右足だけで、アクセルとブレーキの使い分けをしたなら、間違えにくいとおもいますが…

今回は、病院のガラス張りのエントランスに突っ込むという大きな事故です。もし、エントランスに人が居たなら、最悪の場合、死亡事故になっていたかも知れません。

しかし、ガラス張りの前には、駐車時のタイヤ止めもありますが、それも飛び越えて行っちゃったんでしょう。改めて事故現場を見ると、相当スピードが出たんでしょう。

けど、そんなに広い駐車場ではなさそうなので、ブレーキにしても、アクセルにしても、そんなに強く踏む必要があるのかな?と思います。

高齢者ということもありますから、やはりそういうことを意識して運転していただきたいです。心の中で、ブレーキを踏む。アクセルを踏むくらいの確認は必要ですね。

この事故は、また起こると思います。いつかは死亡事故にもなりかねません。早急な対策が必要かと思います。

車両がそうならない仕組みや、適性検査など…

ネットの反応

・加齢による身体的な衰えは個々違うからね…
大きな怪我をした人や死亡事故にならなかった事だけが救い。

・とりあえず踏みものは全部ブレーキにして、アクセルは電車みたいにノッチにしますかね。
大昔からの伝統にこだわる必要はない。

・どうしてそんなにアクセル踏み込むの?
初動だったら、ブレーキ踏んだまま、DかRにシフトいれて、ブレーキ解除すれば動きだすから。それからゆっくりちょいっとアクセルふむだけ。

・こんなに踏み間違えがあるんなら高齢者はAT車に乗ってはダメ、マニュアル車に乗って下さい。

・何でもかんでも安全装置付けた、やたら高くなったクルマを高齢者が購入するわけ無いでしょ?

・高齢者の免許を更新できなくなるシステム作らなきゃ防げない。

・行政による対策、指導が急がれる。

・こういう事故に備えて、建物側も防護壁を設けるなど対策が必要になってくるだろうなあ。

引用:TNC

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする