【こおりん保育園・死亡事故】悲しすぎる!! 吉野杏奈ちゃんが車にはねられ死亡!! こんな悲しい事故を起こさないためにやるべき事とは?

2歳の女の子が別の保護者が運転する車にはねられ、死亡しました。

スポンサーリンク

概要

24日午前7時半すぎ、大分市古国府にある、こおりん保育園の敷地内で、

乗用車が2歳の女の子をはねました。

この事故で、保育園に通う大分市南太平寺の吉野杏奈ちゃんが頭の骨を折り、

病院に運ばれましたが、まもなく死亡しました。

警察によりますと、杏奈ちゃんは母親の車から降りて園に向かっていた際、

別の保護者が運転する車にはねられたということです。

]警察は、車を運転していた41歳の女性看護師から話を聴くなどして

詳しい事故の原因を調べています。

引用:TBSNEWS

事故のあった場所について

地図にて確認しました。

大分市古国府にある、こおりん保育園の敷地内で事故がありました。

保育園の駐車場は、狭そうですね。

亡くなられた女の子について

氏 名 吉野杏奈(よしの あんな)ちゃん
年 齢 2歳
住 所 大分市南太平寺
職 業

スポンサーリンク

この事故について

今回の事故は、2歳の子供が別の保護者の運転する車にはねれ死亡するという、

悲しい事故です。

詳しい状況は、分りませんが保育園外の前の道で、子供を降ろしたのではと思います。

園内の駐車場は、車3台ぐらいが入ると、身動きがとれないくらいの駐車場だと思います。

朝の7時半って、一番車の出入りが多い時間帯だと思います。

ここは、園内に車で入れなかったとしても、少し遠いところに車を置いて、しっかり手を繋いで園内まで行くべきだったと思います。

2歳児だったら、チャイルドシートに座らしているはずです。だとしたら、必然的に一人で行くことはないはずだと思いますが…

とにかく小さな子供は車から先に降ろしてはいけないんです。この場合は、自分が降りてから降ろしてあげるのが事故防止に繋がると思います。

コンビニでも、小さい子供がパッ!!と車から降りて、一人でお店に入る光景をよく見ます。もし、ここで車が来ると危ないなあ…と思いながら見ています。

やはり車で、小さい子供を出かける際は、しっかり子供をみて、手を繋いで歩くよう心がけていただきたい。

ご冥福をお祈りいたします。

ネットの反応

・いつも思う。
なんで一緒に車から降りないのか⁈
それだけでも十分に防げた事故ではないのか?

・幼い子が突然車の前に飛び出して来て、肝を冷やした事は何度もある。
どのような理由があろうとも、保護者は子供に対して細心の注意を払う義務があるだろうに。

・家の目の前に保育園の駐車場があります。保育園は4軒隣。
駐車場から園まで歩く親子を毎日見かけるけど手を繋いでる親子はほぼおらず、子どもが親の前を走ってたり、親のはるか後ろで駄々をこねてしゃがんでたり、トラックが多く通るのに危ないなといつも思ってます。

・なんでもかんでも親の責任にするのはどうかと思うけど、この場合は朝の出入りの多い保育園の駐車場で1人にした親の責任だと思う。

・御悔やみ申し上げます。本当に子供が気の毒。亡くなった子の親・保育士、詳細は分からないがどちらかが目を離さなければ悪質運転でない限りこんな結果には絶対ならなかった、2歳が動き回るのは当然のこと。

・1人で歩かせていたんでしょうね。
2歳の身長なんて車からは見えないし、いくら慎重に運転してても限りがあるんだから親がちゃんと見てなくちゃ。
駐車場で野放しとか親の責任だと思います。

・こういう悲しい事故は、本当にあってはいけない。
加害者が当然、こういう施設付近なのだから気を付ける事は当然なのだが、一方で被害者の親も交通量の多いところ、駐車場などでは子供から手を離したりしてはいけない。
子供は言う事を聞かずに勝手に走り出したりもするが、親はそういうちょっとした瞬間が一番危険であることをもっと認識すべきだ。

引用:TBSNEWS

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする