【京都市山科区】交通安全教室で生徒の目の前で、スタントマンが車にひかれて死亡!! ちょっと無理がありますよコレは…

スタントマンのアルバイト男性が交通事故の再現中、トラックにひかれた。

概 要

12日午後2時20分ごろ、京都市山科区勧修寺平田町の

勧修中のグラウンドで、交通安全教室に出演していた

スタント会社「ワーサル」(東京都渋谷区)のスタントマンの

アルバイト男性(34)=福岡県春日市=が交通事故の再現中、

トラックにひかれた。

男性は胸や腹を強く打ち、7時間後に死亡した。

同教室には全校生徒約470人が参加していた。

京都府警山科署によると、男性は、

歩行者が道路の横断中に車にはねられる事故を再現していた。

時速10キロで走行するトラックのバンパーにしがみつき、

安全に着地する想定だったが、失敗して地面に落ち、

車体下に巻き込まれたという。

トラックは同僚男性(38)が運転していた。

教室は京都市自転車政策推進室が主催し、

ワーサルに業務を委託していた。

同推進室は「事故原因を究明し、生徒の心のケアについては

市教委と連携して適切に対応する」としている。

引用:京都新聞

事件があった場所について

地図にて確認しました。

京都市山科区勧修寺平田町の勧修中のグラウンドということです。

亡くなったスタントマンについて

氏 名 非公開
年 齢 34歳
住 所 福岡県春日市
職 業 ワーサルのアルバイト

スタント会社「ワーサル」の公式サイト

アクション指導、エンターテイメント、人材派遣など

幅広く事業をされています。

この事故について

今回は、スタントマン起用の交通安全教室の事故再現中に

事故が起こりました。

その事故の状況が、スタントマンがトラックのバンパーに

捕まり、無事に着地するという内容でしょうか?

これを失敗して地面に落ちてしまい、トラックにひかれて

しまったということです。

そもそも、こんな状況ってあるんでしょうか?過去のニュース

でも聞いたことがありません。

もしかすると、スタントの技術を見せる目的でもあったのだろうか?

確かに車と自転車がぶつかると、「こうなる」というリアルな状況が

実際に観れるのは、とてもいいと思います。

《イメージ画像》

引用:http://www.inlifeweb.com/reports/report_5638.html

特に今の子供達は、いくら口で言っても無駄でイマイチ怖さも理解でき

ないから、事故再現は必要だと思います。

今回は10キロのスピードだし、まさか、そんなミスがあるなんて

予測できない事故でもあり、誰も責められないと思う。

今回は、とても残念でしたが、子供達に事故の怖さを教えてあげる為にも

事故の再現は続けて欲しいと思います。

(本当に、必要な内容だけでいいと思います)

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

ネットの反応

・じゅ…十分すぎる教訓を教えましたね。
もはや生徒はトラウマ対策が必要かもしれないけど。

・自転車のスタントマンは分かるが、トラックのバンパーに捕まるという想定は少し無茶すぎると思う。安全協会も考えが甘い。

・>時速10キロで走行するトラックのバンパーにしがみついて安全に着地する想定だった

そもそもそんな想定必要やったんか?

・危険性を学ばせるのって凄く重要だと思う。
ただ、スタントマンを起用したとはいえ、そこまでやる必要があるのか?
自転車で車に轢かれる実演とかもあるけど、方法を見直した方が良いような・・・

・子供達に事故の危険性をリアルに知ってもらうための実演であることは
十分理解できるが、別に録画を映像で見せるようにしてもいいのでは。

・実際のところは見ていないが、企画自体に問題があったことは事実。
これまでにも、何回となく行なっていた企画だろう、スピードの問題ではなく、想定が甘かったな。
失敗しても安全な範囲内であれば良かった。

・自転車に乗せられた人形が轢かれる
交通安全教室に参加した事がありますが
それでも十分に衝撃をうけました。

引用:京都新聞

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする