【埼玉・熊谷市】高校生が踏切に飛込み死亡!! 自殺か!? なぜ周りの人間は気づかない!?

この連休明けに10代の高校生が線路に飛び込み亡くなりました…

概要

埼玉・熊谷市で7日朝、10代の高校生とみられる少年が

踏切で線路に飛び込み、死亡した。

自殺とみられている。

この影響で、JR高崎線が一時運転を見合わせた。

7日午前6時50分ごろ、熊谷市久下のJR高崎線の踏切で、

「人が線路に飛び込んだ」と110番通報があった。

警察が駆けつけると、10代の少年が倒れているのが見つかり、

その場で死亡が確認された。

少年は、県内の高校の制服を着ていたということで、

警察は、自殺をしたとみて、身元の特定を進めている。

この事故の影響で、JR高崎線は、高崎駅から東京駅の区間で、

およそ1時間にわたり運転を見合わせ、通勤客など、

およそ5万3,000人に影響が出た。

引用:FNN

事故があった場所について

地図にて確認しました。

熊谷市久下のJR高崎線の踏切ということで、こちらの踏切のようです。

この事件について

連休後の自殺は、やはり多いです。

東京でもマンションから転落(恐らく自殺)があったようです。

原因は、分っていませんが、明らかに様子はおかしかったと

思います。

なぜ、学校の友人や家族は気づけなかったんだろうか?

また、悩んでいたなら、友人や家族に相談出来なかったんだろうか?

私も、経験ありましたよ。

高校2年生の春休みに、これから入学してくる年下の奴から、

「あんた、街で会った時に睨んだよな?」入学したら、ボコボコにするから

覚悟しとけって…

睨んだ記憶は無いし、それからは不安な日が続きました。兄にも相談したし

クラスの仲間にも、相談しました。

結局、相手が停学をビビって何もしてきませんでした。

ホント、高校生のころは、いろいろありました。

結局、途中で高校を中退しましたが、嫌なことがあれば逃げるのもアリ

だと思います。

死ぬほど辛いことがあるなら、尚更です。

もし、悩んでいるなら、相談して欲しいです。話を聞いてもらって、

解決することでなくても、案外、聞いてもらうだけで、気持ちは

スッキリするもんですよ。

また、周りで様子がおかしいと思ったら、声をかけてあげてください。

その一言も、結構、嬉しいものです。

若い子が亡くなるのは、本当に辛く悲しいです。

とにかく死を選ぶ事はしないで欲しいです。

ネットの反応

・夏休み明けなどの連休明けに自殺が多いと聞く。

・この子の親御さんの気持ちを思うと、胸が締めつけられる思いです。
この子もなにか嫌な事があったんだと思う。

・走行中の電車の前に飛び込むとかよっぽど勇気がいると思うが。
その勇気を辛い事に打ち勝とうとする勇気にかえて欲しいです!

・多分、自分では何ともできない何かがあったのだろう。でも、踏切で回れ右して家に帰ってもいいんだ。何とも悲しいな。

・同情の余地なし!
何があったか知らないが、命を自ら断つ勇気があるなら何でもできるはず!ただ逃げただけで ましてや 家族や見ず知らずの人たちに迷惑をかけて 同情する必要性を感じない!

・学校の人間関係で悩むなんて時間の無駄なのを気づいてほしい。10代の友達なんてたかが知れてる。学校や教師から何も得るものもない。学校なんてクソ食らえだよ。もっと年齢重ねて大事な人や夢出会うまで死なないで待っててほしいな。

・学校なんか命と比べたら大したことない!
命を落とすなら、学校を辞めてもいいんだよ。

・自殺するほど苦しんでいたのは同情するが、どうして関係のない何万人の人達まで巻き込むんだ。ハッキリ言って、多くの人にとっては大迷惑でしかない。

引用:FNN

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする