【釧路孝仁会記念病院・事故】早坂ヨネ子さんが無人の車にひかれて死亡!直前まで運転していた斉藤栄一容疑者を逮捕!この事故原因とは?

北海道釧路市にある病院で高齢の女性が突然、動き出した無人の車にひかれて死亡しました。

スポンサーリンク

事故の概要

14日、釧路市にある釧路孝仁会記念病院の前で、早坂ヨネ子さん(90)が無人の車にひかれて死亡しました。

この車は病院の送迎車で、警察は直前まで運転していた斉藤栄一容疑者(52)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。

斉藤容疑者は病院の送迎担当職員で、「用事がある人を見つけてシフトレバーをパーキングに入れずに慌てて車を離れた」と容疑を認めています。

警察は容疑を過失運転致死に切り替え、調べを進める方針です。

引用:ANN

事件のあった場所について

地図にて確認しました。

釧路孝仁会記念病院の前で、事故は起きました。

容疑者と亡くなられた方について

・容疑者

氏 名 斉藤栄一(さいとう えいいち)容疑者
年 齢 52歳
住 所 不詳
職 業 送迎担当職員

過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕されました。容疑を認めているということです。

・亡くなられた方

氏 名 早坂ヨネ子(はやさか よねこ)さん
年 齢 90歳
住 所 不詳
職 業 無職

無人の車にひかれて亡くなられました。

スポンサーリンク

この事故について

今回の容疑者は、送迎担当職員です。つまり、ベテランのドライバーということです。

普通に考えれば、Dドライブに入れたまま降りる?そんなミスはあり得ないことです。

皆さんも、そう思っていますよね?

実は、それって間違いなんです!

どんなベテランのドライバーであっても、どんな経験が豊富であっても、人は完璧にはなれないんです。

車は、私達にとっては必要不可欠なものであり、それがあることで私達は暮らせていけるのだということは間違いありません。しかし、人が完璧ではない存在である以上、時には車は凶器に変わるのです。

車は、便利な面もあるけど、使い方一つ間違えれば、人も殺してしまいます。

そうならない為に。

コンビニでは、よくエンジンをかけっぱなしの人も居ます。いくら、すぐに終わる用事であっても、確実にエンジンを切る!そういう意識を常に持っていただきたいと思います。

エンジンが回っている以上は、動く可能性は0ではありません。

坂道では、パーキングブレーキも忘れずに!

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

ネットの反応

・クルマ離れるんだったら、
エンジン止めないとね。

・自分は絶対こんなミスはしないと思っている人は要注意だと思う
ブレーキの踏み間違えもそうだけど
そこにはミスが起こらない仕組みがあるべきだと思う

・恥ずかしながら、自宅敷地内でまったく同じことを1回だけやってしまったことがあります。完全に自動車を降りる前に気づいたので事なきを得ましたが、「まさか自分はそんなことしないよ、大丈夫」と、そのときまでは私も思っていたのです。その油断が命取りなのですね。それ以来、降車するときは必ずPレンジに入れるよう、意識して癖を付けるようにしています。

・北海道の人は、コンビニなどで特に冬場、エンジンを切る人が少ない。
中には、セルフガソリンスタンドでもエンジンを切らない人が居る。
そんな習慣が事故につながる。

・まぁ、あまり起こらない事例かもしれないが、ドライブレンジのままでドアを開けたら警報が鳴るようにすれば?

・助手席に人が乗っている場合にシートベルトをしていないと警告音がなる。
この仕組みで運転席に人が乗っていない場合は車は動かないなどの仕組みも必要なのかな。

・多分大丈夫だろうは絶対ダメ!!
常に最悪になる状況を考えて運転すべきでそれが出来ないなら運転免許は返納すべきだよ。

・最低限の車の安全対策必要だと思う
人を死なせて
PL法に関わらないのは問題でしょう

引用:UHB

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする