【常磐自動車道】スポーツカーが炎上!! この車種が判明!! 50年前のロータス・ヨーロッパか!?

茨城・つくば市の常磐自動車道で、スポーツカーが炎上したようです。

概要

オレンジ色の炎が、車をすっぽりと覆い、

黒い煙が渦を巻きながら、

上空に立ちのぼっている。

21日朝、つくば市の常磐道下り線で、

走行中のスポーツカーから火が出て全焼した。

スポーツカーを運転していた男性(53)は、

やけどを負ったが軽傷。

警察は、車両部品の故障が出火原因とみて

調べている。

引用:FNN

事故があった場所について

地図にて確認しました。

つくば市の常磐道下り線ということです。

この事故について

車種名は?

引用:朝日新聞

メーカー名 ロータス・カーズ
車種名 ロータス・ヨーロッパ(タイプ47)
生産年月 1966~1975年
生産台数 9230台
乗車定員 2名
排気量 1470~1558cc
車両重量 610kg

私の生まれる前から、あった車なのでビックリです。

小学生の頃は、スーパーカーブームでしたから、名前は知ってました。

けど、カウンタックが一番好きだったので、ロータス47はあまり記憶に

ありません。

サーキットの狼にも出ていたようです。

この時代は、いろいろなレースアニメがありましたよね。

・マッハGOGO!

・グランプリの鷹

・よろしくメカドッグなど

懐かしい…

今回の事故原因は?

かれこれ50年前の車ですから、経年劣化が考えられます。

50年も経てば、配管関係にヒビが入ったり、そもそも

過去にも、燃えた事故があるそうです。

ヨーロッパでしょ〜、知る人ぞ知る

「よく燃える車」として有名。

ロータスヨーロッパって、そのレイアウト上、

冷却不足で燃えるってのは当時から有名だったよな。

そして、この車はボディーがFRP樹脂ですから一旦車両火災が

起こると、すぐに全焼してしまいます。

今と比べて電気系統は、単純かも知れませんがメンテは、

大変だと思います。

けど、高価な車だけに残念です。

オーナーさんも軽傷といことで、よかったと思いますが、

車が燃えてしまったのは、かなりショックだと思います。

古い車だからこそ、しっかりメンテはしていただきたいと

思います。

ネットの反応

・命には変えられないけど、自分の車がもえたらショックだ。

・自分のクルマも、ホース劣化でガソリン漏れしたことがあるので、お金はかかりましたが、ホース類全交換しました
外観はきれいでも、見えない部分は確実に劣化しているので、純正に拘らず、心配ならば交換してしまった方が良いと思います

・うわー、ロータスヨーロッパが、もったいない

・自分はメンテの度に燃料ホースを触っている。

・樹脂ボディだし、燃えやすいだろうから、消火器積まないとな。自分も樹脂率が高くなってきた旧車だから積もうと思ってるけどまだだ。これを機に考える。

・燃料系統は走る前に見るべきです。燃料ポンプは特に注意してください、ガソリンは液体ですが漏れてる跡が見えにくいです。

・ヨーロッパかな。
やけどは負ったけど無事で何より。
しかし、思い入れのある車だろうからオーナーはかなりショックじゃないかな。

・20年くらい前までは外車は突然燃えるのはよく見たり聞いたりしたが最近はあまり聞かなくなった。

引用:FNN

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする