【東京・町田市】注意されカッ!となって同居人を包丁で刺し、新田康二容疑者を逮捕!その注意された内容とは?

同居している男性の首や頭を包丁で刺したとして、72歳の男が逮捕されました。男性は搬送先の病院で死亡しました。

スポンサーリンク

事件の概要

新田康二容疑者は30日午後10時前、町田市南成瀬のアパートで60代の男性の首や頭を包丁で刺して殺害しようとしたとして現行犯逮捕されました。

男性は病院で死亡が確認されました。警視庁によりますと、このアパートには新田容疑者ら生活保護の受給者4人が同居しているということです。

取り調べに対し、新田容疑者は「男性に冷蔵庫のものを取られそうになり、注意したら『酒を飲んでいるだろ、言い付けるぞ』と言われ、かっとなった」と容疑を認めています。

引用:ANN

事件のあった場所について

地図にて確認しました。

町田市南成瀬のアパートということです。

スポンサーリンク

容疑者について

氏 名 新田康二(にった こうじ)容疑者
年 齢 72歳
住 所 町田市南成瀬
職 業 無職

同居人の首や頭を包丁で刺して殺害しようとした疑い。容疑を認めている。

この事件について

容疑者は、

「男性に冷蔵庫のものを取られそうになり、注意したら『酒を飲んでいるだろ、言い付けるぞ』と言われ、かっとなった」

とうことです。

では、生活保護受給者は、お酒を飲むことはいけないの?と思った方もおられるでしょう。

そこで、生活保護受給者がやってはいけないことを、調べてみました。

例えば、

・ギャンブル

・飲酒

・外食

・旅行

などが挙げられます。

スポンサーリンク

実は、これ全部問題ありませんが、一つ注意があります。

必ず、次のことを守らなければ「不正受給」になります。

(1)ギャンブルの収入は、申告しなければならない。

(2)借金をしてはいけない。(ツケでスナックに行くのはNG)

つまり、やってはいけないことは、“収入を役所に申告しない事”なんです。

ギャンブルでも、負け続けている人は問題ありませんが、換金してお金を受け取り申告しなければ、「不正受給者」になります。

他には…

・不動産を購入してはいけない。

・生命保険に加入してはいけない。

・寄付をしてはいけない。

・貯金はできるが、死亡時は全部返納しなければならない。

・車の運転はできるが、許可が無い限り所有は出来ない。

ということです。

結論として、お酒を飲んでることを言いつけられても、問題はないはずです。

市町村により、いろいろ違いはあるかも知れませんが…

ネットの反応

・今後高齢者の交通事故も多くなると思いますがこう言う殺人も増えるかもな。ギスギスしているのは若い世代ではなく高齢世代かもしれませんね。

・成瀬でそんな事件があるとは…

引用:ANN

高齢者4人が同居。
身寄りがないのかもしれない。
いんちきセーフィーネットでは、更に増えると思う。

引用:ホウドウキョク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする