【荒川清之容疑者】大台警察署・警部ひき逃げ犯逮捕!! この言い訳がヤバい!! ホントですか!?

今月23日、三重県大紀町で警察官をはねて死亡させそのまま逃げたとして、74歳の男が逮捕された。

概要

過失運転致死などの疑いで逮捕されたのは、

津市の無職・荒川清之容疑者(74)。

警察の調べによると荒川容疑者は今月23日午前4時すぎ、

大紀町の国道42号の交差点で大台警察署地域課長の警部、

於久裕彦さん(60)を軽乗用車ではねて死亡させ、

そのまま逃げた疑いが持たれている。

調べに対し荒川容疑者は「コンクリートブロックに

ぶつかったと思った」と話し、容疑を否認しているという。

周辺の防犯カメラなどの映像から荒川容疑者が浮上した。

於久さんは、この日休みで、自宅近くの飲食店に1人で行った

帰りだったとみられ、来月末には定年退職する予定だった。

警察が当時の状況を詳しく調べている。

引用:NNN

事故があった場所について

地図にて確認しました。

大紀町の国道42号の交差点ということです。

容疑者について

氏 名 荒川清之(あらかわ きよゆき) 容疑者
年 齢 74歳
住 所 津市
職 業 無職

過失運転致死などの疑い。容疑を否認している。

この事件について

この事件は、ニュースでも大きく取り上げられ、私も

気になっていました。

被害者の警察官の方は、3月末で定年ということですから、

これから、旅行など今まで出来なかったことを楽しむはずが、

こんなことになってしまうとは、無念です。

事故は、午前4時すぎ、他のニュースでは、被害者は午前1時半まで

飲んでいたということ。

容疑者も、こんな時間に車を運転するのは、眠かったかも知れません。

しかしです!人をひいて、コンクリートブロックにぶつかったと

思ったって。

いくら何でも、人間とブロックでは、衝撃が違いすぎますし、

車は、確実に破損しています。

普通なら、降りて確認しますよね?

なぜ、降りて確認しなかったのか?この辺は、謎ですが、今後の調査で

明らかになるでしょう。

また情報が入りましたら、追記いたします。

ネットの反応

・コンクリートブロックに衝突した程の衝撃があったなら止まって確認位するでしょ普通。

・くだらない言い訳をする輩が多いが
そもそも、コンクリートブロックと人の区別が出来ないような人は
運転すべきではないと思います。

・そもそも道路の真ん中にコンクリートブロックはないでしょう。くだらない言い訳しないで、自分の犯した罪を認識して、事の重大さを認めてほしい。

・昔縁石に乗り上げた時、降りて確認したけどね。
何かぶつかったんなら普通は確認すると思うんだけど。

・確認しない理由は何?
確認せずに逃げた理由は?何?
知りたいですね。

・コンクリートブロックの言い訳が聞いてあきれる。
残った人生を刑務所でお過ごしください。

・私も今年定年退職、老後の計画を色々考えておられたと思うと、無念でなりません。

・これからの余生年金受けてゆっくり暮らせたろうに 残念でしかない。

引用:NNN

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする