【港区赤坂・強盗】古物商の男性2人が現金8,000万円奪われる!犯人は逃走中!なぜ情報を知っていたのか!?

3人組の男に頭や顔を殴られ、現金約8000万円が入ったバッグを奪われる強盗事件発生!

スポンサーリンク

事件の概要

3人組の男は現在も逃走している。

事件があったのは港区赤坂の路上。警視庁によると、5日午後2時前、3人組の男が27歳と29歳の会社員の男性2人に後ろから近づき、いきなり頭や顔を殴ったり羽交い締めにしたりしてケガをさせ、現金約8000万円が入ったキャリーバッグを奪ったという。

男性2人は古物商で、客のもとに貴金属を買い取りに行く途中で、

多額の現金を運んで歩いていたという。3人組の男は現金を奪った後、そのまま逃走していて、警視庁は強盗致傷事件として行方を追っている。

引用:NNN

事件のあった場所について

地図にて確認しました。

事件があったのは港区赤坂の路上ということです。

スポンサーリンク

この事件について

昼間の強盗で、被害が現金8,000万円には、さすがに驚きました。

しかし、もの凄い「なぜ」が、この事件にあります!

(1)8,000万円の貴金属の買取って、一体何?

そっちかよ?と言われるかも知れませんが、恐らく個人の方だと思いますが、何を売るのか興味があります。自宅に来てもらうんだから、物が大きいのか?自分で店には行けなかったのか?

(2)8,000万円を、なぜバックに入れている?

ネットの広告では、「即、現金買取します!」というのを見ますが、こんな大きなお金が動くもんなんでしょうか?こんな大きな大金なら、最低ジュラルミンケースに入れなければね?また小切手という方法もあります。

(3)犯人は、なぜ2人の男性が大金を持っているのを知っている?

これが1番、謎ですね。

犯人は3人だし、計画的犯行、かつ、情報を入手していたとしか思えませんね。

これは、今後の捜査で明らかになるでしょう。

また情報が入り次第、追記いたします。

スポンサーリンク

ネットの反応

・この手の事件をみると、どうしても被害者を疑ってしまう。
大金持ってる割にあまりにも無用心。
しかも持ってるのを見られてるか初めから知ってたかとしか思えない。

・大阪で同じような事件があったが自作自演で逮捕されてな!

・なぜ被害者は8000万もの大金を用心せず持ち歩いてたのか気になるし、なぜ盗んだ3人組は8000万もの大金があることを知ってたのか気になる。

・たまたま襲った相手が八千万持ってましたなんて都合の良い話はないだろう。何かしら裏があるだろう。

・それだけの貴金属を売却する?と持ち掛けた売り手が、情報を横流ししたんだろう。買い手の被害者が仕組んだとすればすぐにばれる、最初に疑われるもの

・買い取りをする事を知られていた可能性があるって事ですね。
内部の関係者や買い取りを依頼した人物に協力者がいそう。

・犯人を捕まえてほしいが、「誰が犯人であるか」はあまり興味がない。
興味があるのは「八千万で何を買い取ろうとしていたのか」だ。
おしえてください。

・現金で持って来させる方もどうかと思うよ。
小切手とかにすれば、まだ被害を防げたのに。

引用:NNN

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする