【東京・港区】浅川善紀容疑者がバスの運転手にレーザー照射!! その事件の詳細はこちら。

レーザーポインターの光を当てて業務を妨害したなどとして、東京・港区の38歳の男が逮捕されました。

スポンサーリンク

概要

東京・目黒区で、路線バスの運転手にレーザーポインターの光を当てて業務を妨害したなどとして、東京・港区の38歳の男が逮捕されました。

逮捕されたのは、港区の無職・浅川善紀容疑者(38)です。

浅川容疑者は2018年7月、目黒区の権之助坂バス停で、止まっていた東急バスの30代の運転手の顔にレーザーポインターの光を当て、業務を妨害した疑いが持たれています。

運転手にけがはありませんでしたが、目に違和感が出て、その後の運転を別の運転手に代わったということです。

警視庁によりますと、防犯カメラの画像や目撃情報から浅川容疑者が浮上したということです。

調べに対し、浅川容疑者は「車を運転中、バスが前に割り込んできて腹が立った」と話し、容疑を認めているということです。

引用:TOKYO MIX

事故のあった場所について

地図にて確認しました。

目黒区の権之助坂バス停ということです。

容疑者について

氏 名 浅川善紀(あさかわ よしのり)容疑者
年 齢 38歳
住 所 東京港区
職 業 無職

業務を妨害した疑い。容疑を認めている。

スポンサーリンク

この事件について

つい、この前まで、あおり、あおりと言っていたのに…

・割り込み=腹が立つ=あおり

↓↓↓

・割り込み=腹が立つ=レーザーポインター

ですか?

この事件については、バスに割込まれたことで「腹が立った」ということ。

そもそも、バスに割込まれた!ではなく、バスがウインカーを出した時点で、道を譲るのがルールなんですけどね。

確かに、危険だなあ、と思うことも正直あります。けど、バスは大きいので、確実に安全なタイミングを待っていると、いつまで経っても出発できません。

だから、道を譲ってあげないといけないんです。

それに、腹が立ったからと言って、レーザーポインターを顔に当てるのもどうかと思います。レーザーポインターにもよりますが、一つ間違えれば、失明になることもあります。

道具は、正しく使えば便利なんですが、間違った使い方をすると、大きな事故にも繋がります。

しかし、この事件は去年の7月のことです。

時間はかかりましたが、防犯カメラが大活躍でしたね。

犯人が捕まって良かった。

警察官も、お手柄です。ご苦労さまでした。

ネットの反応

・普通に譲ってあげろよ
イライラするのもわかるけど
ゆとりを持て

・割り込んで来たのではなく譲らなかっただけ。こうゆうヤツに運転させてはいけない。

・自分本位な人が、最近多いですね。思うだけじゃなく行動に移してしまうなんて本当に幼稚すぎる。

・この被害者が運転する『東急バス』は非常に丁寧な運転に定評があります。
それにこれだけの大きなバスに割り込まれるって、どんだけトロイ運転してたのかな?
腹をたてるなら、ドン臭い自分に腹を立てればよい。

・コレの類似事件。
米軍や自衛隊の航空機に同じ事した輩がいました。
これは犯罪ではありません。
人命に関わるテロ行為です。
悲惨な事態になっていたかもしれません。

・あの大きな車体に沢山の乗客の命を乗せて時間通り、かつ安全に運ばなければならない神経の疲労する仕事をしているんだから協力しようよ。
その程度の思いやりも持てない?

・レーザーポインターって常日頃から持ち歩く物じゃないと思うんだけど
腹がたって突発的にする行動なのか?

・バス優先です
レーザーポインターは煽り運転の道具か?
いずれにせよ悪質
免停プラス禁固刑が妥当

引用:TOKYO MIX

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする