【ツインリンクもてぎ・事故】オートバイレース中に谷平政信さんが転倒して死亡!この事故原因とは?

栃木県のサーキット場でレース中にオートバイが転倒し、40代の男性が死亡しました。

スポンサーリンク

事故の概要

8日午前11時半すぎ、栃木県のサーキット場「ツインリンクもてぎ」で、「予選レースで転倒した人がいて意識がない」と警察署へ通報がありました。

警察によりますと、ロードコース内ではオートバイのアマチュアレース予選会が行われていて、福島県いわき市の谷平政信さんが乗ったオートバイが直線コースで他のオートバイに接触して転倒しました。

谷平さんは後ろから来たオートバイにはねられ、医師により、死亡が確認されました。警察は事故の詳しい原因を調べています。

引用:テレ朝news

事故があった場所について

地図にて確認しました。

 

引用:https://www.twinring.jp

引用:https://www.twinring.jp

年間を通じて、いろいろなイベントがあります。

自転車(サイクルスポーツ)・カート・2輪、4輪レースと自分の趣味に合わせて楽しむことが出来ます。

公式サイトはこちら

コースは、こんな感じです。(解説付き)

亡くなった方について

氏 名 谷平政信さん
年 齢 44歳
住 所 福島県いわき市
職 業 不詳

直線コースで他のオートバイに接触して転倒、後ろから来たオートバイにはねられ死亡。

スポンサーリンク

この事故について

最近、サーキットでのバイク事故、よくニュースでも見るようになりました。

共通するのは、40代50代の方が亡くなられています。

やはりバイクを操る楽しさを知っておられるからこそ、年齢を重ねてもレースに参加されたんだと思います。

谷さんは、福島県の方ですから、ツインリンクもてぎに行くまでに車では、約2時間半かかります。恐らく、前日に準備して今日の朝早く出発され、レースを楽しみにされていたのだと思います。

そんな真のバイク好きの方が亡くなられ非常に残念に思います。

気になるのは、事故原因です。ニュースを見ている限りは、まだ調査の段階ということで、原因は明確になっていません。

事故原因は、必ずあるので、なぜこういう事故が起きてしまったのか?を、徹底的に追求していただき、対策防止をして欲しいと思います。

事故が起きたから、今後は大会をやらないとか、誰かに責任を押しつけて終わり…ということは、絶対にやめて欲しいです。

けど、このようなバイクレースは、常に危険と隣り合わせです。どれだけ万全を期しても、事故は起こる時には起こってしまいます。

本当に残念です…

ご冥福をお祈り申し上げます。

ネットの反応

・レースをやっていた者から言わせてもらいます。
過去に仲間がこのコースで同様に大きな転倒事故を起こしました。
転倒、車両炎上し、本人は意識不明。緊急なためすぐヘリコプターで病院へ搬送され一命をとりとめました。
その際、チーム員である自分にこのサーキットのスタッフは懸命に対応してくれました。病院の場所を丁寧に教えてくれ、私が到着したあと、そのスタッフも病院に駆けつけてくれました。
本人はしばらくの入院となったのですが、その後もそのスタッフはことあるごとに連絡をくれ、心から心配していることが伝わって来ました。
当然のことと思われるかもしれませんがヘリを飛ばすことには相当な費用が掛かると思われますがその費用は請求されませんでした。
このサーキットは最善の設備と対応力を持っていると思いました。
今回の事故は非常に残念ですが、サーキット側の対応も知って欲しくてコメントしました。ご冥福をお祈りします。

・バイクでのレースが危険なのは本人も百も承知の上だったろう。
ただ事故で亡くなると、周りは自分を責める場合もある。
家族や友人達が「止めれば良かった」などと思わないようにしてもらいたいな。
レースまで参加するほどバイク好きだったのだろうから。

最近鈴鹿の練習中にも亡くなられてました。ご家族は心苦しいでしょう。でもバイク、サーキットはただ危険な所ではなく、一番安全に全開で走れる空間。嫌な流れが続かないことを祈るとともに、ご冥福をお祈りいたします。

・オフロードに比べると速いだけに、やはりリスクはありますね。個人によりますが、40代は体力や視力、反射神経の曲がり角でもあります。ベテランの方々も十分に自己観察し、お気を付けて競技を楽しまれますように。

・色々な選手が亡くなっている。レース関係者以外にはあまり知られていない。目の前で死亡事故が起きた事もあるし友人・知人も数多く亡くなった。レースとはそういうものです。今回の事故で亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

引用:テレ朝news

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする