【大和郡山市職員・不祥事】国道168号で車7台が絡む事故!南浦一幸容疑者が酒気帯び運転で逮捕!実は、今回で2回目だった!?

9日午後、奈良県平群町の国道で車7台が絡む事故があり、警察は酒気帯び運転の疑いで54歳の地方公務員の男を逮捕した。

スポンサーリンク

事故の概要

事故があったのは奈良県平群町の国道168号線で、9日正午すぎ、一番左のレーンを走っていた車が内側に車線変更した際、別の車と接触した。

さらに前方の車にも次々と突っ込んだため、合わせて7台が衝突し、20代から90代の6人が病院に搬送された。いずれも軽傷だという。

警察によると、基準値を超えるアルコールが検出されとして、車線変更した車を運転していた地方公務員・南浦一幸容疑者(54)が酒気帯び運転の現行犯で逮捕された。

調べに対し南浦容疑者は、『酒を飲んで運転したことは間違いない』と容疑を認めているという。

引用:NNN

事故のあった場所について

地図にて確認しました。

このお店のすぐ右側の交差点です。

この場所は、ちょっと複雑になっているようです。

容疑者について

氏 名 南浦一幸(みなみうら かずゆき)
年 齢 54歳
住 所 不詳
職 業 地方公務員

酒気帯び運転で、容疑を認めている。

スポンサーリンク

今回は、2回目だった!

2018年1月28日(日)22時30分

大和郡山市職員 酒気帯び運転の疑いで逮捕

大和郡山市の職員の男が酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕されました。

酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕されたのは、大和郡山市職員の南浦一幸容疑者(54)です。
警察の調べによりますと、南浦容疑者は、きょう午後4時20分頃、上牧町上牧の県道で、酒を飲んだ状態で軽乗用車を運転した疑いがもたれています。南浦容疑者は、交差点で信号待ちをしていた車に追突する事故を起こしていて、駆け付けた警察官が調べたところ、南浦容疑者の呼気から基準値を超えるアルコールが検出されたということです。
警察の調べに対して南浦容疑者は「飲酒をしたあとに車を運転した結果、事故を起こしました」と容疑を認めているということです。

引用:http://koumuin-fusyoji.doorblog.jp/archives/51480159.html

この事故について

今回は、公務員の不祥事です。

一人の人間が酒を飲んだあとに運転したことで、他の6台の車まで巻き込んでしまう大きな事故になってしまいました。

あれだけ、飲んだら乗るな!と言われているのに何故、運転してしまうのだろうか?

今回の事故、酒気帯び運転ですから保険がききません。2回目だし、仕事も続けられるか分りません。

恐らく、車に乗る前は大丈夫だろう。酒を飲んだ後でも、運転には自信があったのでしょう。しかし、事故を起こした今、とっても後悔していると思います。

もう2回目なのに、なぜ分らないんだろうなあ。

それでも、今回の事故は死者が出なかっただけ良かったと思います。

このような飲酒運転が、後を絶たないのは法律的にまだまだ甘いのではないでしょうか?もっと厳しい実刑にしないとなあ…

容疑者も、同じことをもう繰り返さないよう、しっかり反省していただきたい。

ネットの反応

・飲酒運転、煽り運転、ひき逃げはもっともっと厳罰に出来るよう法改正してください。

・保険も使えないし全部自腹で修理だね。
相手の車は事故車で価値が落ちるし最悪
飲酒運転の場合は相手の方に新車買ってやれ

・今年の1月にも飲酒運転で事故起こしてたみたいですね。常習者は何度も繰り返す…

この運転手去年辺りにも上牧辺りで事故していたような気がする

・公務員としてのコンプライアンスはどうなってるんでしょうか!?
懲戒免職に罰金多額、退職金も出ないでしょう。
自覚が無さすぎる。

・この人、今年の1月にも飲酒で捕まってない?

・これだけ言われてるのに飲酒運転できる考えが1番の悪。
自分は大丈夫の甘えた考え。

引用:NNN

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする