1万円をカラーコピー!そりゃ、バレるでしょ!津田将範容疑者やった行為とは?

「金がなかったので、偽札を作ろうと思った」逮捕された津田将範容疑者の行動と、その素顔を調べてみました。

スポンサーリンク

事件の概要

引用:YAHOO!ニュース

東京・立川市のコンビニ店でギターの代金の振り込みに偽1万円札を使ったとして、24歳の男が逮捕されました。振込用紙に書かれた名前から関与が浮上して逮捕に至りました。

会社員の津田将範容疑者は去年3月、立川市のコンビニ店で偽造した1万円札2枚を使って、ギターを購入した際の振込代金を支払った疑いが持たれています。

警視庁によりますと、1時間後にこのコンビニ店の別の店員が1万円札の色がおかしいことに気が付いて110番通報し、振込用紙に津田容疑者の名前が書かれていたことから逮捕に至りました。

津田容疑者は自宅のプリンターでカラーコピーしていたということで、「金がなかったので、偽札を作ろうと思った」と容疑を認めています。

引用:YAHOO!ニュース

偽造した1万円札と自分の名前が書いてある振込み用紙を一緒に出すと、バレるに決まってるでしょ?笑

事件の場所

地図では、この当たりになりますがコンビニ店の場所の特定は出来ていません。

分り次第、追記したいと思います。

津田将範容疑者のプロフィール

名前:津田 将範

年齢:24歳

職業:会社員

住所:神奈川県厚木市

今、分っている情報です。また分かり次第、追記していきます。

スポンサーリンク

1万円札ってコピー出来るの?

確か、初めてスキャナーを購入した20年前に一度やったことはあります。はい、実際に画像を取り込んで印刷をしたことはありますが、その当時は印刷のクオリティーもよくありませんでした。つまり、一目見て、バレバレだったような記憶があります。

では、印刷のクオリティーが良くなった現在はどうなんでしょうか?

こちらを、見てください。

答えが、載ってますが今の複合機で印刷すると、警報が鳴ります。

なので、偽造1万円札を作ることは出来ません。仮に幣紙を印刷すると刑法上の「通貨偽造罪(148条)」に当たりますので、絶対に印刷しないでくださいね。

けど津田 将範容疑者は、どうやって印刷したんでしょうね?

ネットの反応

・お金がないならギターを買わなければいいじゃん

・捕まらないと考えれるのが凄い。

・偽札使用の罪はけっこう重いぞーー

引用:YAHOO!ニュース

ツイッターでも…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする