栗原心愛さんの虐待が日常化していたのか!?「お父さん、ごめんなさい」などと謝罪する動画も…

なぜ、子どもをそこまで追い詰める!? 続報はこちら。

概要

千葉・野田市で栗原心愛(みあ)さん(10)が死亡し、

両親が逮捕された事件で、虐待の様子が撮影された動画の中に、

心愛さんが泣きながら、「お父さん、ごめんなさい」などと

謝罪する姿も映っていたことがわかった。

小学4年の栗原心愛さんが自宅で死亡し、父親の勇一郎容疑者(41)と

母親のなぎさ容疑者(32)が逮捕された事件では、

心愛さんが虐待される様子を撮影した動画データが見つかっている。

調べによると、動画の中には、心愛さんが泣きながら、

「お父さん、ごめんなさい」などと謝罪し、

暴力をやめるよう許しを請う様子も含まれていたという。

この動画には、勇一郎容疑者とみられる人物が、

心愛さんに暴力ふるう様子が映っていて、警察は、

虐待が日常化していたことを裏付ける証拠とみて、

分析を進めている。

引用:FNN

スポンサーリンク

この事件について

このニュースは、新しいニュースが入るたびに胸が苦しく

なります。耳を疑うような酷い内容が次から次へと…

虐待された動画がありますが、母親は娘が痛い思いをしているのに

ビデオ撮影なんて信じられません… このビデオは、何のために撮影

していたのか?

もちろん、実の娘を虐待する父親は論外です。

この様子だと、日頃から父親の虐待が日常化していたのでしょう。

けど、どちらかが止めないとダメですよ…

最近、親に暴力をふるわれ、子どもが110番して親が逮捕される

事件が急増しています。

今日も、48歳の医師が逮捕されたニュースもありました。

子どもたちが、誰にも相談できず解決策が警察しか無いという

事実も悲しいです。

ここまで来ると、警察にもっと権限を与えた方が良いと思います。

子供を保護するよりも、親を逮捕するのも、これからは必要だと思います。

警察がこれで動くのか?というのも驚きですが、もう児童相談所

のレベルでは期待が出来ないという意見も多いです。

児相の人員増だけではダメ。数を増やしても質が低ければ

全く意味ナシ。同じ事を繰り返すだけ。

まずは児相の定義.位置付けを見直すべき。

児童相談所の職員は水道局から来ました、都庁の畑違いの部署から来ました。
という福祉司(任用資格)が多いです

とはいえ、本来は警察は警察の本来やるべき仕事をして欲しい。もっと、警察は他に

やるべき事は山ほどあるはず。

やはり、まずは児童相談所のレベルを上げる対策が急務です。

スポンサーリンク

ネットの反応

・胸が痛い。
やっとの思いで救いを求めた小さな手を振り払った大人たちには怒りを感じる。自分の判断を恥じて欲しい。

・動画が報道関係者には公開されてるのかな?
報道が過熱してる間は同様な事件は起きないとは思うが、沈静化した時が怖い。

・子どもをそこまで追いつめる感覚がわからない

・詳細が明らかにされる度に胸が痛む。
辛い。本当に許せない。

・この事件に関しては真相が分かればわかるほど、辛いし、怒りがこみあげてくる。

・これは虐待じゃなく、殺人です。
児童虐待のレベルを超えています。
ある種、拷問にも近い内容です。

・連れ子でも無い実の我が子に、
どうしてここまで非情な鬼になれるのか
この父親の心理が全く理解出来ないよ

・記録に残す辺りも異常さを表している。
遠慮なく重く裁く事ができます。

・裁判員には選ばれたくない裁判だ。
そんな音声があると思うだけで泣けてくるのに、それを聞いて判断しなきゃいけないなんて。

引用:FNN

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする