沖縄工業高校の崎元さんの財布はどこへ!? お金を貸してくれた猪野屋さんに称賛の嵐!!

どちらも素晴らしい!!  つい私も涙がでました。詳細はこちら!!

概要

与那国島でのおじの葬式に参列するため那覇空港に向かう途中で

財布をなくした沖縄工業高校2年の崎元颯馬さんが、

航空券の代金6万円を貸してくれた男性を捜していた件で、

貸し主の男性が見つかった。

男性はイムス三芳総合病院(埼玉県)に務める脳卒中

神経内視鏡センター長の猪野屋博(いのや・ひろし)医師(68)。

ネット記事を読んだ同僚から崎元さんが捜していることを知らされた

猪野屋さんは「本当だったんだ。信じていて良かった」と声を弾ませた。

引用:琉球新報

2人が出会った場所について

地図にて確認しました。

那覇空港に向かうモノレール(ゆいレール)の車両内ということです。

車両は、こちらです。

車両の中は、こんな感じなので高校生が下を向いて

うつむいていたら、何かあったのかな?と気になり

ますよね。

2人の方について

依頼者

氏 名 崎元颯馬(そうま)さん
年 齢 17歳
住 所
職 業 沖縄工業高校2年

お金を貸してくれた男性

氏 名 猪野屋博(いのやひろし)さん
年 齢 68歳
住 所
職 業 イムス三芳総合病院医師

このニュースについて

最近では悲しいニュースが多い中、こんな素晴らしいニュースを

観て感激してしまいました。

記事を読んでるうちに、うんうんとうなずきながら、泣けてしまいました。

ニュースでは、おじの葬式に参列するため与那国島に飛行機で行く予定でしたが、

その途中で財布を無くしてしまう。

この状況、崎元さんの姿がなんとなく頭に浮かびます。

そんな姿を見ても、声をかける人なんて居ないでしょうね。

小さい子供なら別ですが。

そんな中、医師の猪野屋さんが声をかけ、6万円のお金を知らない高校生に

貸したのは、医師という高収入の職業にあっても、出来ることではありません。

私なんか、旅行に行ってもまず財布の中に6万円というお金が入っていません…

また学校も協力しているところがビックリです。私の娘が通っている高校なんて

絶対、協力してくれないと思います。

本当に心温まる話です。

猪野屋さんは、月に1度沖縄を訪れるそうです。そして気になる再会は、今月20

日です。再会が楽しみですね。

けど一つ気になるのは財布の行方です。いったいどこにあるんだろう…

見つかってないのなら盗んだ人がいるのかもしれない…

いい話のウラには、そんな話もあるならちょっと微妙です。

財布も見つかるといいですね。

ネットの反応

・この医師も素晴らしいし、
今回の高校生も誠意ある対応は素晴らしい。
今の日本に失った人を、助けること、の大切さ、
それを教えてくれて感謝したい。

・医師という高収入の職業にあっても、6万円は見ず知らずの人に差し出せる額ではないです。
猪野屋さんは、医師としてのキャリアやポジションも去ることながら、徳を積んだ人なのですね。心温まる話でした。再会が楽しみですね。

・貸せる経済力、借りた人の律儀さ。
大人の私ですが6万は貸せません。まず財布に入ってないし。サッと渡せるって凄いね。カッコいい。

・素敵な先生だ、偉そうな先生ばかりじゃないんだね。

・素晴らしい人だなぁ。
信じることが難しい世の中だけど、
良い話で嬉しい。

・感激しました!
お2人が再会した時の様子も是非記事にして伝えてください!!

・令和になって一番感動したニュース。
探してる記事を見たときは見つけるのは難しいだろうと思ったけど、
今日このニュースを見て涙出そうになりました。

・素晴らしい先生と正直な少年、やっぱり日本人はこうであって欲しい。

・結局、落としたお金は見つからずなんですかね?心は温まる話の裏でその逆をしている奴がいると思うと複雑な気持ちです。

引用:琉球新報

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする