【東京・六本木】ハイヤー運転手をひき殺し 南 康弘容疑者よ!クラウンが勝手に走り出すなんてありえないんだよ!

タクシーを運転中に、口論となりハイヤー運転手をひき殺した疑い。その理由があり得ない!

第二報は、こちら!

スポンサーリンク

事件の概要

東京・六本木でタクシー運転手の男が交通トラブルになった男性をはねて殺害した事件で、ドライブレコーダーに男が車を加速させて男性に衝突する様子が映っていたことが分かりました。

タクシー運転手の韓国籍の南康弘容疑者(69)は15日、港区六本木でハイヤーの運転手・岡田進さん(45)を自分のタクシーではねて殺害した疑いが持たれています。
南容疑者は岡田さんと進路を巡って交通トラブルになっていました。その後の警視庁への取材で、南容疑者のタクシーのドライブレコーダーにタクシーを加速させて岡田さんをはね、ボンネットに岡田さんを乗せたまま数メートル先の街路灯に突っ込む様子が映っていたということです。
ただ、南容疑者は「ブレーキを踏んだが、間に合わなかった」と容疑を否認しています。

容疑者について

名前:南康弘

年齢:69歳

職業:タクシードライバー

住所:東京都中野区野方

国籍:韓国

事件の場所について
地図にて確認しました。

やはり、対向車が来ると互いに譲りあわないと通行出来ない道路が沢山ありました。

スポンサーリンク

この事件について

容疑者が容疑を否認しているんです。

その信じられない理由が…

「車が勝手に動きだし、慌ててブレーキを踏んだが間に合わずひいてしまった。殺す気はなかった」と容疑を否認しているという。

引用:時事通信

しかし、その後の調べでドライブレコーダーには、男が車を加速させ男性に衝突する映像が映っていたとのことです。

もはや、言い訳は出来ませんね…

そもそも、あのトヨタのクラウンが勝手に走る訳はありません。クラウンじゃなくても車はアクセルペダルを踏まないと走らないんです。そんなことが事実だとすると、とっくにニュースになっています。

それにしても、私が自動車を運転している時でも、とてもマナーの悪いタクシードライバーはいます。危険な割り込みや、信号が赤になっても、お構いなしに交差点に進入。お客さんが乗ってるんですよ。

今回は、2種免許を持ったドライバーは本来プロドライバーとしての模範ならなければならない立場なのにこの一件は情けないですね。

どういう訳でこうなったかは分りませんが、お互いに譲り合う気持ちを持たなないとプロドライバーとして失格です。

人を乗せるということは、人の命を預かる仕事でもありますから、いつも冷静でこころにゆとりを持って仕事をしていただきたい。

ネットの反応

・いやー、普段の道路でもタクシーの運転の荒さが最近よく目につくがね。
あれでプロかと思うくらいやわ。
割り込み、煽り、会社に通報した事もあるぞ。

・タクシー運転手が被害者になる事件が多かったが、今度は加害者か。
一時的な感情に身を任せるとどうせ後悔するんやから、心にゆとりを持つべき

・タクシーと代行運転は
日本でいちばん運転が荒い職業です。

・そもそも止めた時にサイドブレーキかけなかったのか?

・タクシーVSハイヤー。仲良くしてください。
常識的に生きようよ。

・どうせバレるんだから、もうちょっとマシな嘘がつけんもんかな。嘘はいかんけどね。

引用:時事通信

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする