【京都市左京区】イズミヤの女性店員が男に刃物で刺され重体!1時間後に藤井裕幸容疑者を逮捕!果たしてこの動機とは?

昼下がりのスーパーのレジで女性店員が突然、後ろから首など7カ所を刺された。

追記:藤井裕幸容疑者を逮捕

スポンサーリンク

事件の概要

刺した男は刃物を持ったまま逃走。付近の住宅街は一時、緊迫した。

京都市内の住宅街。警察が周囲を取り囲み、緊迫した状況。

女性を刺して逃走した男が近くに逃げ込んでいるとみられるからだ。

京都市左京区のスーパー。店の外には規制線が張られて物々しい雰囲気に包まれている。

中にも規制線が張られ、警察が捜査を進める。店から買い物客が次々と出されていく。

16日午後2時過ぎ、包丁を持った男が走っていったと店にいた男性から110番通報が入った。

警察によると、1階食品売り場のレジの辺りで35歳の女性パート店員が後ろから男に刃物のようなもので刺された。

女性は背中を6カ所、首の後ろ1カ所を刺されて重傷。病院に搬送されて手当てを受けているが、意識はあるという。

男は北方向に歩いて逃走。男は現場近くのマンションの部屋に立てこもった。その後、警察が建物を取り囲んで事件発生から約1時間後、男の身柄を取り押さえた。

身柄を確保された男は40代。部屋には血の付いた包丁があり、男の服にも血が付いていたという。男は事件への関与をほのめかしていて、警察が動機などを調べている。

引用:ANN

容疑者について(11/17追記)

氏 名 藤井裕幸(ふじい ひろゆき)
年 齢 45歳
住 所 不詳
職 業 無職

事件のあった場所について

地図にて確認しました。

スーパーの近くには、中学校や保育園もあります。このようなところで、事件があると保護者の方や近所の方も、不安になります。

スポンサーリンク

この事件について

こういう、刃物で人を刺す事件が最近は多くなってきました。なぜ、刃物を所持している人が多くなったんでしょうね?

大抵の犯人は、人を刺すと刃物を捨てて走って逃げるもんなんですが、この犯人の防犯カメラに映っている映像は、刃物を持って普通に歩いています。

引用:カンテレ

なんて、堂々としているんでしょうね?

被害者との面識はあったかどうかは、分っていません。また後ろから刺したということですから、動機は今現在は分っていません。

また詳細が分り次第、追記していきたいと思います。

つづく…

ネットの反応

・犯行状況から明らかな殺意があるのは確か。
恋愛の縺れとか復縁を断られたとかの理由なんですかね?たぶん

・何か簡単に人を刺す事件が多いな。

・心神耗弱で不起訴になったら嫌だな
治療費や賠償請求もできずやられ損

日本は凶悪通り魔事件が多すぎる国だ!
それだけ日本人が病んでる証拠だろう。

・国は総力を挙げてこういった犯罪に対しての処罰のあり方を見直してほしい。警察のあり方も含めて。不良人間が増えてきて大変だ。

・動機が知りたい。無差別なら最悪だ。

引用:カンテレ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする