【山陽自動車道・事故】停車中の車にトラックが突っ込み南裕司さんが死亡!!トラック運転手の後幸之進容疑者を逮捕!!この事故原因とは?

14日未明、兵庫県相生市の山陽自動車道で、路肩に止まっていた車にトラックが衝突する事故がありました。

スポンサーリンク

概要

14日午前1時15分ごろ、兵庫県相生市の山陽自動車道上り車線で、車3台が絡む事故がありました。

警察によりますと、普通乗用車と軽乗用車が路肩に並んで停車していたところ、後ろからトラックが追突、普通乗用車に乗っていた大阪府泉佐野市の南裕司さん(34)が死亡し、軽乗用車に乗っていた会社員の男性(25)も頭を打つなどの軽いけがをしました。

2人は知人で、軽乗用車が故障したため路肩に止まっていたということです。

警察は、トラックを運転していた岡山県の後幸之進容疑者(59)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕し、当時の状況を調べています。

引用:MBS

事故のあった場所について

地図にて確認しました。

兵庫県相生市の山陽自動車道上り車線で、事故がありました。

あまり関係ありませんが、この辺はトンネルが多いです。私も、数回走ったことがあります。

亡くなられた方について

氏 名 南裕司(みなみ ゆうじ)さん
年 齢 34歳
住 所 大阪府泉佐野市
職 業 不詳

トラックに追突され、亡くなられました。

スポンサーリンク

容疑者について

氏 名 後幸之進(うしろ こうのしん)容疑者
年 齢 59歳
住 所 岡山県
職 業 トラック運転手

過失運転傷害の疑い。

この事故について

被害者が乗っていた普通乗用車ですが、前も後ろも損傷が酷く、車種名すら分らない状態です。恐らく、即死かも知れません…

普通乗用車は、軽自動車とトラックに挟まれたと思われます。

夜間で、車も少ないこともあり、スピードも出ていたのではないでしょうか。

2台の乗用車は路肩に止まっていたにも関わらず、なぜトラックが追突したのか?居眠りか、わき見運転か?

けど、この事故は決してトラックの運転手だけが悪い訳ではないと思います。今回の停車理由は、軽自動車が故障したということ。

高速にのるならトラブルが起きないように、それなりの点検は必要ですし、一般道ではありませんから、停車中は発煙筒をつけたり、三角表示板等を置いて、通行する車が分るようにしなければなりません。

そして、一番大事なのが車を路肩に停車させた場合は、ガードレールより外び出て避難するのがルールです。これさえ守れていれば、死亡事故には、至らなかったと思います。

コメント欄にこんな意見もありました。

死亡した方は、そこで停車する事自体自殺行為だと自覚がたりなかったのでしょう。(駐車する正当な理由が無いと思います。)

一般道と高速は違いますから、お互いに緊張感を持って、運転していただけたらと思います。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

ネットの反応

・高速道路のこわさがわかってない。

・高速道路上の路肩は駐車場ではない。
動画で見るに車幅一台分もない。
後続車の事故を誘った最初の故障?車は、整備不良か?ながらスマホか?

・発炎筒を焚いて停止板を設置、夜間でもハザードやテールランプは消灯、そして道路外へ退避。
これくらいは命を守るのに基本だ。
トラックの過失云々の前に、故障車のドライバーの責任も重い。

・最近の追突事故の原因はスマホだと思う。助手席からドライバーを見ているとスマホ見てるドライバーの多い事、飲酒運転と罰則が同じで良いと思う。

・トラック運転歴30年近くになります。法的には追突した方が悪くなるが、故障や事故した場合は二次災害を防ぐ処置を行って下さい。まずは故障しないよう点検を行って下さい。
非常信号用具は積載してますか?夜は見えませんよ。私たちも事故はしたくありません。

・俺も夜の山陽自動車道で事故車にぶつかりそうになった。
ハザードランプもつけていないし、三角停止板も出していない。
要するに真っ暗な中に自動車がひっくり返っていた。

・どうして路肩に止まってる車にぶつかるの?走行車線走ってたらぶつからないんじゃ?いつも不思議で仕方がない。

引用:MBS

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする