【北海道芽室町】スキー場帰りのスクールバスと乗用車が衝突!! あれ!?レガシーのフロントが無い…

十勝の芽室町でスクールバスと乗用車が出合い頭に衝突し、バスに乗っていた児童ら10人が重軽傷を負う事故がありました。

概要

路外に落ちたスクールバスの前タイヤは、大きく壊れました。

12日正午前、芽室町美生4線の町道の交差点でスクールバスと

乗用車が出合い頭に衝突しました。

バスには隣りの清水町の御影小学校の1~2年生37人と引率の教諭、

それに運転手の合わせて43人が乗っていました。

この事故で、バスと乗用車の運転手がろっ骨を折るなど

それぞれ大けがをしたほか、小学校によりますと、

児童と教諭の8人がけがをしました。

児童らは芽室町のスキー場でそり学習を終え、

学校に戻る途中でした。

現場の交差点には乗用車の側に一時停止の標識があり、

警察が当時の状況を調べています。

引用:HBCニュース

事故あった場所について

地図にて確認しました。

芽室町美生4線の町道の交差点ということです。

今回の事故について

今日は、小学校1,2年生による楽しいそり学習。

そんな、そり学習の帰り道で事故が起こりました。

事故現場は、町道の信号の無い交差点、けど、一旦停止の標識は、

乗用車側にありました…

事故当時は、圧雪アイスバーン状態だったそうです。

私も、昔は、圧雪のアイスバーンの上を車で走った経験はありますが、

アイスバーンは、朝だけです。

日があたると、すぐに融けてしまいますが、北海道は気温が低いため、

正午になっても、雪が融けないんでしょうね。

けど、アイスバーンは、ホントに車は止まれません。冬タイヤでも

滑ると思います。

そして、このレガシーのフロント部分の破損が、ヤバいですね。

衝突して、バスが道路下に落ちるくらいですから、相当な衝撃

だったことが分ります。

この破損状態で、キャビンが守られているのは、凄いです。

さすが、スバルです!!

車を、褒めている場合じゃないんですが、やはりアイスバーンの

雪道は、場合によっては、チェーンも必要です。

くれぐれも、安全運転でお願いします。

ネットの反応

・最悪の事態になってないのが不幸中の幸い。

どちらが原因かは分からないけど原因究明して対策をしっかり

取って欲しいと思う

・この道路は国道の裏道なんだけど、

清水〜芽室までの間に4つある一時停止の標識を

無視して突っ切るのが結構いる。

・出会い頭の事故。当然どちらかが一旦停止になる。

が日本の道路交通法では必ず両者に過失が。

まぁとにかくケガをした方が早く良くなるようにと思うばかりです。

・今日イオンの駐車場でも物凄いバキバキバキ!って音が聴こえて、

見たら事故でした。

明日は我が身。安全運転を心がけないとな。

・怖かったろうに。取り敢えずみんな命が助かってよかったね。

事故は怖い、痛いって思ったろう。その気持ちは忘れないでほしい。

・スクールバスを見かけた時は道を譲ることに決めいている。

やっぱり事故の時に目立つし、ニュースとしても大きく騒がれる。

・どちらかの前方不注意だろうけど、停止標識等は目立たせなきゃね

死者がでなかったことは救いかも・・・

・スクールバスはシートベルトないのも多いから、心配だ

引用:NNN

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする