佐賀市で2人の高校生が列車にはねられ死亡!! 自殺をほのめかすメモの内容とは?

男女2人の高校生は、自殺をほのめかすメモを残していたようです。

概要

13日午後9時前、佐賀市のJR長崎線の踏切で、

男女2人が下りの普通列車にはねられた。

警察によると、はねられたのはいずれも佐賀市内に住む

県立高校2年の16歳の男女で、2人とも死亡が確認された。

警察の調べに対し、列車の運転士は

「線路に立ち止まった2人に気づいてブレーキをかけたが

間に合わなかった」と話しているという。

警察は、2人がそれぞれ書いたとみられる自殺を

ほのめかすメモが見つかったことを明らかにした。

警察は2人が自殺したとみて当時の状況を調べている。

引用:NNN

事故があった場所について

地図にて確認しました。

JR長崎本線鍋島駅近くの踏切ということです。

JR長崎本線鍋島駅から東へ400mくらいのところにある踏切なので

ここだと思います。

駅の近くですから、民家や市営か県営住宅でしょうか?沢山並んでいます。

まさか、こんなところで…

と思われた人も多いでしょう。

この事故について

最近、高校生が線路内に入って自殺をするという事故が

絶えません…

若い子が自ら命を絶つなんて、本当に悲しい事故です。

ゴールデンウィーク開けにも、こんな事故がありました。

【埼玉・熊谷市】高校生が踏切に飛込み死亡!!  自殺か!? なぜ周りの人間は気づかない!?
この連休明けに10代の高校生が線路に飛び込み亡くなりました...

今回の事故は、男女2人の高校生の高校生が、遮断機を

くぐり列車にはねられました。

この事故現場でしょうか?

2人がそれぞれ書いたとみられる自殺をほのめかすメモが見つかった。

この内容は、まだ公開されていませんが、2人はずっと前から

思い悩んでいたのだと思います。

悩んだ挙げ句に、死という選択を選んだ訳ですから、

よほど生きていて辛かったんだと思います。

しかし、学校側はイジメや特に変わった様子は無いという

ことです。

自殺した理由は、分りませんが本当に自殺はやめて欲しい。

死んで自分は、苦しみから解放されるかも知れませんが、

家族は悲しみます。損害賠償は来ます。列車に乗っていた

お客さんにも迷惑がかかります。

もし、死にたいと考えているなら、誰かに相談してください。

人に話すのが嫌なら、ヤフー智恵袋に相談してもいいと思います。

きっと、真剣に聞いてくれる人が居ます。そして何らかの解決策

も出て来るはずです。

生きていれば、10年先20年先に、きっといいことがあります。

生きててよかったって、思える日が必ず来ます。

私も、その一人です。

ネットの反応

・もし自殺をしないでいたら、5年後10年後にあの時しなくて良かったと思うはず。その時本気で悩んでいたことも、後になったら小さなことだったと思えるのに。悩んでいるときは分からないけどね。

・死にたくなることはあるかも知れないけど、運転士さんの人生も変えてしまうということを思い出して欲しい。自分だったら一生夢に見そう。生きるために多少他人を頼ったり迷惑かけたりしてもいいから、こういうのはダメ。

・どうしようもない理由があったのかもしれないけど、もっと他の解決策があったのでは?生きていれば、解決出来ることはあったはずなのに。

・死ぬ勇気があるのなら、生きる勇気を持ってほしい。残された家族のことも考えて欲しかった。

・もっと、自分自身を大事にしてほしい。
せっかく、この世に生まれてきたのに。

・自殺するにはそれなりの理由があるんだろうけど、二人とも踏み止まって欲しかったな。残された家族、仲間の悲しみは計り知れないよ

・子どもの自殺は報道で連鎖するから、ネットでは流さないでほしい。ここ数日、飛び込み自殺の多いこと。何か特別な理由があるわけではない。犯人は10連休。

・男女で…という所に、イジメではなく恋愛のもつれが原因か…と思った。いずれにしても、この2人がとった行動は間違っている事だけは確かだ。

引用:NNN

犯人は10連休かあ。なるほどね。

長い連休後に自殺が多いもんなあ。

この理由に恋愛のもつれっていうのも一つあるかもです。

また新しい情報が入りましたら追記したいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする