【秋田・男鹿市】シジミを捕っていた男性が溺れて死亡。水の深さは90センチなのになぜ!?その原因とは?

水路でシジミを採っていた男性が溺れて死亡しました。水の深さは約90センチで、流れは穏やかでした…

スポンサーリンク

事故の概要

警察によりますと、25日午前10時半ごろ、秋田県潟上市の水路で男性が溺れていると男性の友人から消防に通報がありました。

水路で溺れた児玉秀喜さん(56)が病院に運ばれ、まもなく死亡が確認されました。

児玉さんは30分ほど前から友人と2人でシジミ採りを始め、途中で姿が見えなくなったということです。

水の深さは約90センチで、流れは穏やかでした。

引用:テレビ朝日系(ANN)

溺れた男性

名前:児玉秀喜さん

年齢:56歳

住所:秋田県男鹿市

これ以外の情報はありませんが、また情報が入り次第追記していきます。

スポンサーリンク

事故の場所について

地図で見ると、男鹿市は、赤線の中になります。

少し拡大してみると、一本の大きな川がありますが場所の特定は出来ておりません…

男性が溺れた原因とは?

この原因についても、今のところ分っていません。

<分っていること>

・シジミ採り

・友人と2人

・30分後(?)に姿が見えなくなった。

・深さ90センチで流れは、穏やか。

から推察すると、手には「ジョレン」を持っているはずです。川の下は恐らく石ではなく砂だと思われます。

だとすると、ヌルっとした石で足が滑るということは考えにくいです。砂で転ぶことも考えにくいかと思われます。

イメージ的には、こんな感じではないでしょうか?

引用:joyful town

水深90センチですから、腰より少し上まで水があるのではないでしょうか?

何らかの原因で、バランスを崩し転んでしまったという事が考えられます。

水の事故でよくあるのは、足がつってしまってという事があるけど、これは泳いでいる時なので関係ないかな…

また新しい情報が入り次第、追記していきます。

ネットの反応

・八郎潟でシジミ採れるんだ?はじめて知った。

・90cmでわシジミに手が届かない

・霊に引っ張られたな。

引用:YAHOO!ニュース

夏になると、海や川での事故って、ホント多いです。

みなさんも、海や川に行かれる際は、十分ご注意ください。

また、お亡くなりなられた児玉秀喜さんのご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする