【長崎県雲仙市・島原鉄道】踏切事故で桶本敏章さんが意識不明の重体!!やっぱり警報機は必要!?

29日朝、長崎県雲仙市の踏切で車と列車が衝突し、車を運転していた男性が意識不明の重体となっています。

スポンサーリンク

事故の概要

事故があったのは長崎県雲仙市の島原鉄道の踏切で、29日午前7時半ごろ、踏切を通過しようとしていた軽乗用車と普通列車が衝突。列車は車を巻き込みながら60メートルほど走ったところで停止しました。

この事故で車は大破し、運転していた近くに住む会社員の桶本敏章さん(59)が頭などを強く打ち、病院で治療を受けていますが、意識不明の重体となっています。

衝突した列車は2両編成で、乗客乗員18人が乗っていましたが、けが人はいませんでした。

現場は警報機も遮断機もない踏切で、警察が事故の詳しい原因を調べています。

引用:JNN

事故のあった場所について

地図にて確認しました。

長崎県雲仙市の島原鉄道の踏切ということです。

車の運転手の方

氏 名 桶本敏章(おけもと としあき)さん
年 齢 59歳
住 所 雲仙市国見町
職 業 会社員

列車と衝突し意識不明の重体です。

スポンサーリンク

この事件について

事故現場は警報機も遮断機もない踏切ということです。

引用:JNN

この踏切は、一旦停止で止まると列車とスレスレですね。

たとえ、停止線で止まっても、建物が邪魔して見えないのでは?なので2つのミラーだけが頼りなんでしょうか。

実際に現場を確認した訳でもないので、何とも言えませんが…

しかし基本、警報機や遮断機の無い第4種踏切は見通しがいいはずなんで、一旦停止もせず、そのまま通ったことも考えられます。

島原鉄道の踏切を確認しましたが、以外と警報器や遮断機の無い踏切は沢山あります。

スポンサーリンク

踏切の先は、民家が1~2軒や田んぼしかなかったりと、踏切の必要性があるかと言えば、微妙ですが。

しかし、今回の事故現場は、最低限警報機は必要だと思います。

年を取れば、視力の衰えもありますし、人間慌てるときもあります。だからこそ、一目見て分る警報機が必要だと思います。

まあ、一旦停止を徹底すれば、いい話なんですが、それが出来ないから事故が発生してしまうのです。

どうか再発防止として、警報機の設置をお願いしまいです。

事故に遭われた方の一日も早い回復を祈っています。

ネットの反応

・警報器も遮断機もない第4種踏切は基本的には見通しが良く、列車本数の少ない場所にありますので、運転者は明らかに注意や確認を怠っていたと言えるでしょう。

・一時停止をしていれば防げた事故である。
踏み切りに限らず、一時停止しない車が多すぎる。

・近所だったらこの踏切の警報器無しは知っている。ぼーっと漠然と運転してたのでしょうか。

・朝陽がミラーに反射して見えなかった可能性もありますが、4種踏切は1種3種踏切に格上げするか廃止しないと事故は無くなりませんね。

・島鉄さんは第3種や第4種の踏切が多く存在してるので、やたら汽笛吹鳴しながら走ってくもんな

・本数が少なくてもきちんと一時停止すべきだ。
どうせ列車が来ないと思うときに限って列車が来る。

引用:JNN

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする